デプレーティス(英語表記)Agostino Depretis

世界大百科事典 第2版の解説

デプレーティス【Agostino Depretis】

1813‐87
イタリアの政治家。ロンバルディア地主の家に生まれる。パビア大学卒業後,地方行政や自己の農場の経営に携わる。1848年サルデーニャ王国議員となり,50年には左派系の新聞《イル・プログレッソ》を創刊。53年ごろまではマッツィーニ思想に大いに共鳴した。イタリア王国が誕生すると,公共事業大臣(1862),海軍大臣(1866‐67),大蔵大臣(1867)を務める。王国の発足以来政治の実権を握っていた〈歴史的右派〉が政権の座を離れた76年以後は,76‐79年首相,79‐81年内務大臣,81‐87年首相というぐあいに,短期間を除いて常に権力中枢に位置する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デプレーティス
でぷれーてぃす
Agostino Depretis
(1813―1887)

イタリアの政治家。青年時代マッツィーニの思想に共鳴し、1848年にピエモンテ議会に選出されると、民主的反対派の領袖(りょうしゅう)の1人になった。カブールの財政政策とクリミア戦争への参加に反対したが、1859年に始まる独立戦争期には、カブールの穏健主義とガリバルディなどの民主派の急進主義の間の調停役を務めた。その後、イタリア議会において右派政権に反対する左派の戦いを指導し、1876年、最初の左派政権の首班となった。以後およそ10年間、8次に及ぶ組閣を行い、新時代を築いた。その間、右派との妥協や取引による腐敗政治を非難されながらも、選挙法の改正(1882)、財政・税制の改革、運輸革新、またドイツ、オーストリア、イタリア間の三国同盟の締結(1882)とアフリカへの進出などの内外にわたる新政策を打ち出した。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android