コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリック derrick

翻訳|derrick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デリック
derrick

荷役作業用クレーンの一種。直立した主柱 (マスト) ,その基部から斜めに突き出た腕木 (ブーム) ,および数本の操作用綱索から成る。荷役綱は腕木先端から下垂してフックで荷物を吊上げ,吊綱は腕木を引張って仰角を変え,控え索は腕木を旋回させて,荷物を移動させる。その操作はウインチ (ろくろ) とテークル (滑車装置) による。貨物船に普通にみられるが,埠頭や土木工事現場でも用いられる。吊上げ能力は通常3~8t,重量用で 20~50t程度である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デリック(derrick)

起重機の一。柱の根元にジブを斜めに取り付け、これを柱の頂上からのロープ俯仰させ、ジブの先端から貨物を吊る形式のもの。主に港湾で使用。デリッククレーン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デリック

貨物船の荷役装置。旋回するマストの下部にジブ(腕)を取り付け,これをマストの頂部から張ったロープで俯仰(ふぎょう)させ,先端に荷重をつる。マストは基礎上に設けた特殊軸受でささえ,下部に取り付けた円輪に巻き付けたロープで旋回する。
→関連項目荷役機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

デリック

デリック(Derrick。一七世紀)▼一七世紀の英国の絞首刑執行人。彼が執行した死刑は三〇〇〇を超すといわれ、その名は「絞首刑執行人」や「絞首台」を意味するようになり、現在では絞首台と形が似ていることから「起重機」の意になっている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デリック【derrick】

貨物船の荷役装置の一種。甲板に立てたデリックポスト(支柱。マストと兼用する場合もある)とこれに腕のように取りつけられたデリックブームからなり,ブームは自由に旋回したり傾斜したりする。通常,船の両玄に1基ずつを1組(1ガングgangと称する)としてハッチの前後に配置する。デリックブームの先端には貨物をつり卸しするための荷役索と滑車およびデリックブームを固定するためのつり索が取りつけられている。貨物の揚卸しや移動は,ふつう,左右2台のウィンチによって滑車を介して索を巻いたり緩めたりして行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デリック【derrick】

クレーンの一種。回転する台に支柱と斜めに突き出したジブ(腕木)を乗せ、ジブの先端からロープを降ろして荷物をつり上げる。ジブの上げ下げは、ジブと支柱の各先端を結ぶロープの巻き延ばしで行う。主に船舶の荷物の積み降ろし用。デリック-クレーン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デリック
でりっく
derrick

船舶への貨物の積込みや揚荷作業に用いる荷役装置。デリックポストやマストなど上甲板に直立する柱の下端部に、自由に回転するグーズネックで取り付けて張り出したブームとよぶ腕木を主とする構造物である。ブームの上端は、ポストやマストの上部から張ったトッピングリフトと、舷側(げんそく)(ブルワーク)からのブームガイやプリベンターガイで支えられている。トッピングリフトとガイの張りぐあいでブームの向きと角度を調整する。ポスト、マストなどの根元近くのカーゴウィンチから伸びるカーゴフォールが、ブームの下端から上まで導かれてブームの先端から垂れ下がり、貨物を取り付ける。貨物の移動は、カーゴフォールの巻き上げとブームの回転を併用して行う。
 デリックによる荷役には二つの方式がある。〔1〕けんか巻き 二組みのデリックを、一基は船倉の直上に、一基は舷側の外まで張り出し、両方のカーゴフォールを同じ貨物に連結して調節しながら上下・水平に移動させて荷役を行う方式。〔2〕分銅巻き カーゴフォールで貨物を上下に移動させながら、デリックをポストかマストを中心に回転させて荷役を行う方式で、一基のデリックだけで行う場合と、デリックの回転運動を支持するためにもう一基のデリックを併用する場合がある。[岩井 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデリックの言及

【甲板機械】より

…(2)荷役装置 鉱石運搬船やばら積船,コンテナー船などの専用船を除き,一般貨物船では貨物の積卸し,移動などの目的で荷役装置が設けられる。荷役装置には大別するとデリック装置式と甲板クレーン式がある。前者は直立したデリックポスト(支柱)と,その最下端に斜めに取り付けられ,索と滑車によって伏仰および回転できるようになっているデリックブーム(棒)の組合せで構成され,ブーム先端から下ろした荷役索(他端はウィンチドラムに取り付けられる)によって荷役を行う。…

※「デリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デリックの関連キーワードシンフォニック・ヴァリーション春、かっこうの初音を聞きてリフトオン・リフトオフ船ジムくんの海てい旅行クラブ・ミュージックアヴリル ラヴィーン22世紀の酔っぱらいゲイトウェイへの旅マンハッタンの怪人オデッサ・ファイルイングリッド皇太后エラリー・クイーンスターチャイルドタフィー ローズ海底の地震都市売国奴の持参金戦士たちの挽歌ネゴシエイター時の果ての世界軍隊ポロネーズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デリックの関連情報