コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルジャービン デルジャービン Derzhavin, Gavrila Romanovich

4件 の用語解説(デルジャービンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルジャービン
デルジャービン
Derzhavin, Gavrila Romanovich

[生]1743.7.14. カザン
[没]1816.7.20. ノブゴロド,ズバンカ
ロシアの詩人。小貴族の家に生れ,1762年近衛連隊に兵卒として勤務したが,同年の宮廷革命に参画し,エカテリーナ2世に認められ,県知事枢密顧問官,元老院議員,法務大臣などを歴任。 M.ロモノーソフの伝統を継ぐ古典主義的詩人であるが,その狭い枠にとらわれず,頌詩のジャンルに風刺的要素を導入し,写実主義モチーフの風景詩や宗教的,哲学的な詩を多く書いて,初期の A.プーシキンに影響を与え,のちのリアリズム詩の基盤をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デルジャービン【Gavrila Romanovich Derzhavin】

1743‐1816
ロシアの詩人。カザンの貧しい貴族の家に生まれ,10代の末から近衛連隊に一兵卒として勤務し,10年後に士官に任官した。やがて文官に転じ元老院の下級官吏の地位にあったとき,女帝エカチェリナ2世を賛美した頌詩(しようし)《フェリーツァによせて》(1782)が認められて一躍抜擢(ばつてき)され,以後は県知事,女帝秘書官,元老院議員,司法大臣などを歴任した。晩年はノブゴロド郊外の領地ズワンカ村に隠棲した。詩作をはじめたのは30歳ごろで,初期の作品はロモノーソフばりの古典主義的色彩の濃いものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デルジャービン【Gavrila Romanovich Derzhavin】

1743~1816) ロシアの詩人。古典主義に風刺の要素をとり入れた作風を確立。作「メシチェルスキー公の死をいたみて」「フェリーツァ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デルジャービン
でるじゃーびん
Гаврила Романович Державин Gavrila Romanovich Derzhavin
(1743―1816)

ロシアの詩人。地方の貧しい貴族の出身。初め一兵卒として軍隊に勤務したのち、元老院の属吏となる。39歳のとき賢明な女帝をたたえる頌詩(しょうし)『フェリーツァに寄せて』をエカチェリーナ2世に捧(ささ)げ、それが機縁となって抜擢(ばってき)され、各地の県知事や女帝の秘書官、元老院議員などを歴任し、1802年には新帝アレクサンドル1世のもとで司法大臣の職についたが、翌年にはいっさいの公務を退き、晩年は領地のズワンカ村に隠棲(いんせい)した。初期の作品にはロモノーソフやスマローコフらの流れをくむ古典主義的色彩が濃かったが、『メシチェルスキー公の死をいたみて』(1779)、『フェリーツァに寄せて』(1782)などにおいては古典主義の荘重さと軽快で辛辣(しんらつ)な風刺の要素を結合させたデルジャービン独特の華麗なスタイルを確立した。さらに『神』(1784)、『瀑布(ばくふ)』(1780)のように哲学的な思索を優美な形式で展開した頌詩、『オチャコフ包囲の秋』(1788)、『イズマイル攻略をたたえる』(1790)などのように国家の隆運を歌った作品を次々と発表し、エカチェリーナ2世時代の桂冠(けいかん)詩人と称せられた。『正餐(せいさん)への招待』(1795)、『ズワンカ村の生活』(1807)など後期の作品では古典主義の羈絆(きはん)を脱し、リアルな生活体験を感性豊かに歌い上げてロシア詩の発展に寄与した。[中村喜和]
『除村ヤエ訳『フェリーツァ』(『世界名詩集大成12』所収・1959・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デルジャービンの関連キーワード家山仮山カザンハン国カザン要塞火山礫質火山灰カザンスキー岩上野華山近衛霞山長川華山カザンツァキス,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone