デ・バレラ(英語表記)De Valéra, Éamon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・バレラ
De Valéra, Éamon

[生]1882.10.14. ニューヨーク
[没]1975.8.29. ダブリン
アイルランドの政治家。スペイン人の芸術家の子として生れたが,父の死とともにアイルランドの母の実家に引取られた。ロイヤル大学卒業後,アイルランド独立運動に入り,1916年復活祭蜂起に指揮官として参加,捕えられた。アメリカ国籍のためかろうじて銃殺刑を免れたが再三投獄され,17年獄中でシン・フェーン党党首に選ばれ,同年末の総選挙で圧勝。 19年設立されたアイルランド国民議会の議長,次いでアイルランド自由国の大統領に選ばれたが,21年自治領としてのアイルランド独立に反対して辞任。 24年アイルランドの完全独立を目指す共和党 (フィアンナ・フェール党) を創設。 32年の総選挙に勝ち首相に就任。イギリスと関税戦争を展開するなど激しい闘志を燃やし,37年エドワード8世の退位を機に完全独立を宣言,国名をアイルランドの古名にちなんでエール共和国と改めた。第2次世界大戦中は中立政策に徹したが 48年の総選挙で敗れ下野。 51~54,57~59年首相に就任。 59年大統領に再選,73年大統領選挙に敗れ辞任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デ・バレラ

米国生れのアイルランドの政治家。早くから反英独立運動に参加,1916年イースター蜂起(ほうき)を指導,以後シン・フェーン党指導者となった。1932年アイルランド自由国首相,1937年独立とともに初代首相,1959年―1973年2期連続大統領を務める。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・バレラ
でばれら
Eamon de Valera
(1882―1975)

アイルランド独立運動の闘士で、独立後、首相、ついで大統領になる。ニューヨーク生まれ。父はスペイン人、母がアイルランド人。ダブリンの大学で数学を学び教師になったが、ゲール語復興運動に加わり、1913年アイルランド義勇軍に参加した。1916年のイースター蜂起(ほうき)ではボランド製粉工場を占領して、南からのイギリス援軍を阻止した。捕らえられ、いったん死刑を宣告されたが、世論の批判で減刑されて1917年に釈放された。国民議会樹立(1919)のときはふたたび獄中にあったが大統領に選ばれた。アイルランド自由国の設立を決めた条約に反対して下野、条約派と共和派の内戦に際しては後者を支持したが、1923年には内戦を終結させた。1926年に新党フィアナ・フォイル(共和党)を結成して自由国議会に復帰、1932年の総選挙で勝利して首相に就任した。すぐにイギリスへの土地代金支払いを拒否して経済戦争に入った。1937年に憲法を制定して、アイルランドを主権をもった国家「エール」とした。1949年共和国になってからも首相を歴任、さらに大統領を2期務めた。[堀越 智]
『松尾太郎著『アイルランド民族のロマンと反逆』(1994・論創社) ▽波多野裕造著『物語アイルランドの歴史』(中公新書) ▽堀越智著『アイルランド民族運動の歴史』(1979・三省堂) ▽R・フレシュ著、山口俊章・山口俊洋共訳『アイルランド』(白水社文庫クセジュ) ▽オフェイロン著、橋本槙矩訳『アイルランド――歴史と風土』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android