コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・バレラ デ・バレラ De Valéra, Éamon

3件 の用語解説(デ・バレラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・バレラ
デ・バレラ
De Valéra, Éamon

[生]1882.10.14. ニューヨーク
[没]1975.8.29. ダブリン
アイルランドの政治家。スペイン人の芸術家の子として生れたが,父の死とともにアイルランドの母の実家に引取られた。ロイヤル大学卒業後,アイルランド独立運動に入り,1916年復活祭蜂起に指揮官として参加,捕えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デ・バレラ

米国生れのアイルランドの政治家。早くから反英独立運動に参加,1916年イースター蜂起(ほうき)を指導,以後シン・フェーン党の指導者となった。1932年アイルランド自由国首相,1937年独立とともに初代首相,1959年―1973年2期連続大統領を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・バレラ
でばれら
Eamon de Valera
(1882―1975)

アイルランド独立運動の闘士で、独立後、首相、ついで大統領になる。ニューヨーク生まれ。父はスペイン人、母がアイルランド人。ダブリンの大学で数学を学び教師になったが、ゲール語復興運動に加わり、1913年アイルランド義勇軍に参加した。1916年のイースター蜂起(ほうき)ではボランド製粉工場を占領して、南からのイギリス援軍を阻止した。捕らえられ、いったん死刑を宣告されたが、世論の批判で減刑されて1917年に釈放された。国民議会樹立(1919)のときはふたたび獄中にあったが大統領に選ばれた。アイルランド自由国の設立を決めた条約に反対して下野、条約派と共和派の内戦に際しては後者を支持したが、1923年には内戦を終結させた。1926年に新党フィアナ・フォイル(共和党)を結成して自由国議会に復帰、1932年の総選挙で勝利して首相に就任した。すぐにイギリスへの土地代金支払いを拒否して経済戦争に入った。1937年に憲法を制定して、アイルランドを主権をもった国家「エール」とした。1949年共和国になってからも首相を歴任、さらに大統領を2期務めた。[堀越 智]
『松尾太郎著『アイルランド民族のロマンと反逆』(1994・論創社) ▽波多野裕造著『物語アイルランドの歴史』(中公新書) ▽堀越智著『アイルランド民族運動の歴史』(1979・三省堂) ▽R・フレシュ著、山口俊章・山口俊洋共訳『アイルランド』(白水社文庫クセジュ) ▽オフェイロン著、橋本槙矩訳『アイルランド――歴史と風土』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・バレラの関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone