コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーブリーン デーブリーンAlfred Bruno Döblin

5件 の用語解説(デーブリーンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デーブリーン(Alfred Bruno Döblin)

[1878~1957]ドイツのユダヤ系小説家・精神科医ナチス時代、初めフランス、のち米国へ亡命。宗教的色彩の濃い作品を発表した。作「ベルリン‐アレクサンダー広場」「運命の旅」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デーブリーン

ドイツのユダヤ系作家。初めベルリンで神経科医。表現主義的文芸誌《あらし》の創刊に参加。ジョイスの《ユリシーズ》の影響を受け,モンタージュ内的独白などの手法を用い,都会の悪に翻弄(ほんろう)される精神異常の男を描く傑作《ベルリン・アレクサンダー広場》(1929年)のほか,《バビロン放浪》《1918年11月》《ハムレット》などの作品で知られる。
→関連項目新即物主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デーブリーン【Alfred Döblin】

1878‐1957
ユダヤ系ドイツ作家。精神科医としてベルリンで開業。1910年に革命的文芸誌《あらし》の創刊に参加,表現主義的な短編小説を発表して新しい文学の旗手となった。中国を舞台とした《ワン・ルンの三つの跳躍》(1915)や歴史小説ワレンシュタイン》(1920)などのあと,ワイマール文化爛熟期のベルリン下町に生きる犯罪者の運命を描いた社会主義的な都市小説《ベルリン・アレクサンダー広場》(1929)で世界的な名声を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デーブリーン【Alfred Döblin】

1878~1957) ドイツの小説家・精神科医。政治的な評論や表現主義の小説を発表。パリに亡命後、宗教的色彩を強める。代表作「ベルリン-アレクサンダー広場」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デーブリーン
でーぶりーん
Alfred Dblin
(1878―1957)

ドイツの作家。ユダヤ人の仕立屋の子として、現在のポーランドシュチェチン生まれる。10歳のとき、父が愛人とアメリカに逃亡したので家族とともにベルリンに出、精神医学を学んでベルリン東部の貧民街で開業した。早くから表現派の詩人たちと交わり、短編小説『たんぽぽ殺し』(1913)は表現主義の先駆的作品となる。その後18世紀の中国の革命運動を扱った長編『バン・ルーンの三つの跳躍』(1915)、三十年戦争を素材とした『ワレンシュタイン』(1920)などを書き社会主義的信条を表明、社会民主党の立場で政治運動にも加わった。ファシズム前夜のベルリンの下層社会を舞台に、更生を誓って出獄した元トラック運転手の零落の運命を扱った大都市小説『ベルリン・アレクサンダー広場』(1929)は、現代ドイツ文学の最高傑作の一つといわれ、ベストセラーとなり、また映画化もされた。1933年にパリに亡命しフランスの共産主義者らと交流、共産革命とキリスト教の問題をテーマとした『1918年11月』(1940)を書いたあとカトリックに改宗した。第二次世界大戦後は旧西ドイツで文学雑誌『金の門』を出版し文化の復興に献身、また一家族の崩壊を描いた深層心理学的小説『ハムレット――あるいはながき夜は終わりて』(1956)を書いたが認められず、不運のうちに病死した。[早崎守俊]
『早崎守俊訳『ベルリン・アレクサンダー広場』全2巻(1971・河出書房新社) ▽早崎守俊訳『ハムレット――あるいはながき夜は終わりて』全2巻(1970・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デーブリーンの関連キーワード東京(都)ダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)日中関係北欧映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーブリーンの関連情報