コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルカナ族 トゥルカナぞく Turkana

2件 の用語解説(トゥルカナ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルカナ族
トゥルカナぞく
Turkana

ケニア北西部の乾燥草原に住む牧畜民。ナイロ=ハム語系諸族の中央群に属し,人口約 36万と推定される。ウシを連れて移動する青年と,ヤギ,ヒツジラクダを連れる家長とに分かれ,移牧を行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルカナぞく【トゥルカナ族 Turkana】

東アフリカ,ケニア北西部に住む牧畜民。その言語は東スーダン諸語の中央パラ・ナイル系テソ語群に属する。人口約16万。牛,ヤギ,羊,ラクダ,ロバの5種類を飼養し,これらの肉やロバ以外の家畜乳と血とを主食とする。モロコシを中心とする耕作が一部の地域で行われるが,食生活の中で農産物の占める比率はごくわずかである。トゥルカナ族の生活地域の大部分は,年降水量200~400mmという非常に乾燥した半砂漠である。イネ科の草本を主要食物とする牛は平原部では飼えず,降雨の多い丘陵地へ連れていかなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトゥルカナ族の言及

【ケニア】より

…カレンジンの人口は246万である。ほかに北部の半砂漠地帯にはパラ・ナイル語系のトゥルカナ族(28万),や,クシ語系のソマリ系住民(42万),レンディーレ族,ボラナ族,ガブラ族,ガラ族などのラクダ,羊,ヤギなどを飼養する牧畜民が分布する。 キクユとルオの対立にみるような部族対立の解消のため,初代のケニヤッタ大統領は〈ハランベー(力を合わせて働こう)〉のスローガンを掲げて国民としての統合を求めた。…

※「トゥルカナ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥルカナ族の関連キーワードテソ族マサイ族アフリカ舞舞ソマリホワイトアフリカヌアー汎アフリカ主義アフリカデーマサイトゥルカナ[湖]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥルカナ族の関連情報