トウ(タウ)・うごく・あらう・おおきい(漢字)

普及版 字通の解説


16画

[字音] トウ(タウ)
[字訓] うごく・あらう・おおきい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は湯(とう)。〔説文〕に字を水部十一上に属し、水名とする。湯に盪揺(とうよう)の意があり、滌(とうでき)の意となり、またとして広大の意となる。字は昜(よう)の声義を承け、昜は陽光が放射しゆらぐ意。それを他に及ぼして湯・のようにいう。

[訓義]
1. うごく、ゆれる。
2. あらう、あらいのぞく、ながす、ながしさる。
3. おおきい、ひろい、さかん。
4. やぶる、ほしいまま。
5. たいらか、てがる。

[古辞書の訓]
〔和名抄〕 語抄に云ふ、子、太波禮乎(たはれを) 〔名義抄〕 トラク・トラカス・アソブ・オホイナリ・ユタカニ・ホシイママ 〔立〕 トラカス・ハナフサ・ホシキママ・オホイナリ・ヒロシ・アラハル・ススム・アガリテ・ホシコル

[語系]
・盪dangは動dongと声近く、揺動の意がある。またdangもと同声で、ともに放縦・散逸の意がある。またdangは大きな竹をいう。

[熟語]
漿
[下接語]
・佚・逸・淹・泱・豁・虚・矜・浩・曠・豪・心・振・震・掃・駘・跌・滌・洞・波・板・漂・浮・沸・平・放・翻・遊・揺

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android