とうとう(読み)トウトウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐とう

[副]物を打ちたたいたり、板を踏み鳴らしたりする音を表す語。とんとん。
「縁―と踏みならし」〈義経記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐とう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 鼓などが鳴りわたる音を表わす
※貞享版沙石集(1283)七「この巫女、〈略〉、つづみとうとうと打ち」
② 縁の板などを踏み鳴らす音を表わす語。
※義経記(室町中か)二「大手鉾杖に突きて、縁とうとうと踏みならし」
③ 物を打ったりたたいたりする音を表わす語。とんとん。
※虎明本狂言・二千石(室町末‐近世初)「扇抜出し、銚子長柄をとうとうと打て」
④ 水や波が勢いよくたてる音を表わす語。
※玉塵抄(1563)五「ねて夢をみる枕にの打てくるかしらの浪がいそにあたってうすをつく如なぞとうとうと打たぞ」
説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)七「たきのみづが、たぎりにたぎって、たうたうとおつるがごとくなり」
[補注]擬音語の「とんとん」に類するが、漢語の「とうとう(鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳)」と似ているため、それと混用された面がある。

とう‐とう

〘感動〙
① 古代歌謡にみえる、はやしことば。
※催馬楽(7C後‐8C)総角「総角(あげまき)や と宇(ウ)と宇(ウ) 尋ばかりや と宇(ウ)と宇(ウ) 離りて寝たれども」
② 剣道の時の掛け声。
咄本・鹿の子餠(1772)雪隠「兵法の師匠の所へ、大水の見舞に行てみれば〈略〉トウトウどこへどこへとのかけ声」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とうとうの関連情報