とうとう

精選版 日本国語大辞典「とうとう」の解説

とう‐とう

〙 (多く「と」を伴って用いる)
などが鳴りわたる音を表わす語。
※貞享版沙石集(1283)七「この巫女、〈〉、つづとうとうと打ち」
② 縁の板などを踏み鳴らす音を表わす語。
義経記(室町中か)二「大手鉾杖に突きて、縁とうとうと踏みならし」
③ 物を打ったりたたいたりする音を表わす語。とんとん。
※虎明本狂言・二千石(室町末‐近世初)「扇抜出し、銚子長柄をとうとうと打て」
④ 水や波が勢いよくたてる音を表わす語。
※玉塵抄(1563)五「ねて夢をみるの打てくるかしらの浪がいそにあたってうすをつく如なぞとうとうと打たぞ」
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)七「たきのみづが、たぎりにたぎって、たうたうとおつるがごとくなり」
[補注]擬音語の「とんとん」に類するが、漢語の「とうとう(鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳)」と似ているため、それと混用された面がある。

とう‐とう

〘感動〙
① 古代歌謡にみえる、はやしことば。
※催馬楽(7C後‐8C)総角「総角(あげまき)や と(ウ)と宇(ウ) 尋ばかりや と宇(ウ)と宇(ウ) 離りて寝たれども」
② 剣道の時の掛け声。
※咄本・鹿の子餠(1772)雪隠「兵法の師匠の所へ、大水の見舞に行てみれば〈略〉トウトウどこへどこへとのかけ声」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「とうとう」の解説

とう‐とう

[副]物を打ちたたいたり、板を踏み鳴らしたりする音を表す語。とんとん。
「縁―と踏みならし」〈義経記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「とうとう」の解説

】とうとう

人品の高潔なさま。

字通」の項目を見る

】とうとう

字通「」の項目を見る

【討】とうとう

作戦。

字通「討」の項目を見る

【兜】とうとう

惑う。

字通「」の項目を見る

】とうとう

の多いさま。

字通「」の項目を見る

】とうとう

冗舌。

字通「」の項目を見る

】とうとう

久しい。

字通「」の項目を見る

】とうとう

ものの盛んなさま。柳宗元(み)る〕士は實(まこと)にたり は實にたり は實に(もうもう)たり 賈は實に融融(ゆうゆう)たり

字通「」の項目を見る

擣】とうとう

つきうつ。

字通「」の項目を見る

】とうとう

雷電の光り雨ふるさま。

字通「」の項目を見る

】とうとう

日の上るさま。よあけ。唐・盧綸臘日、咸寧王の部曲娑勒のを擒するを観る歌〕詩 山頭として、日將(まさ)に出でんとし 山下、獵圍(れふゐ)して、初日を照らす に獸り、未だ名を(し)らず 將軍、騎を促すも、人聲無し

字通「」の項目を見る

】とうとう

鼓の音。

字通「」の項目を見る

掉】とうとう

ゆり動かす。

字通「」の項目を見る

【頭】とうとう

頭痛

字通「」の項目を見る

【騰】とうとう

のぼる。

字通「騰」の項目を見る

榻】とうとう

安楽椅子

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android