コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウバナ(塔花) トウバナClinopodium confine; wild basil

2件 の用語解説(トウバナ(塔花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウバナ(塔花)
トウバナ
Clinopodium confine; wild basil

シソ科の多年草アジア東南部の暖温帯から亜熱帯に広く分布し,北海道を除く日本各地の山野の路傍に普通にみられる。細い茎が根ぎわから多数出て,基部は地上をはい,のち立上がって高さ 10~30cmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウバナ【トウバナ(塔花) Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntz.】

やや湿った山野の道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は基部で分枝し,長さ10~30cm,基部ははって,先の方は立ちあがる。葉は対生し,卵形で長さ2~3cm,鋸歯があって短い葉柄がある。5~8月ごろ,茎の先端に花穂をつくって,数段に淡紅紫色の花をつける。この花穂の状態が塔の九輪を思わせるところから,トウバナ(塔花)という名が出たと思われる。萼は筒状で長さ3~4mm,少し毛がある。花冠は筒状2唇形で長さ5~6mm,上唇は浅く2裂し,下唇はやや大きく3裂して,中央裂片は最も大きく,さらに2裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone