コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウバナ(塔花) トウバナ Clinopodium confine; wild basil

2件 の用語解説(トウバナ(塔花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウバナ(塔花)
トウバナ
Clinopodium confine; wild basil

シソ科の多年草アジア東南部の暖温帯から亜熱帯に広く分布し,北海道を除く日本各地の山野の路傍に普通にみられる。細い茎が根ぎわから多数出て,基部は地上をはい,のち立上がって高さ 10~30cmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トウバナ【トウバナ(塔花) Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntz.】

やや湿った山野の道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は基部で分枝し,長さ10~30cm,基部ははって,先の方は立ちあがる。葉は対生し,卵形で長さ2~3cm,鋸歯があって短い葉柄がある。5~8月ごろ,茎の先端に花穂をつくって,数段に淡紅紫色の花をつける。この花穂の状態が塔の九輪を思わせるところから,トウバナ(塔花)という名が出たと思われる。萼は筒状で長さ3~4mm,少し毛がある。花冠は筒状2唇形で長さ5~6mm,上唇は浅く2裂し,下唇はやや大きく3裂して,中央裂片は最も大きく,さらに2裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トウバナ(塔花)の関連キーワードキランソウヒキオコシ(引起)踊子草柿蘭金瘡小草塔花溝羊歯車花蔓夏枯草ニガクサ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone