コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウバナ(塔花) トウバナClinopodium confine; wild basil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウバナ(塔花)
トウバナ
Clinopodium confine; wild basil

シソ科の多年草。アジア東南部の暖温帯から亜熱帯に広く分布し,北海道を除く日本各地の山野の路傍に普通にみられる。細いが根ぎわから多数出て,基部は地上をはい,のち立上がって高さ 10~30cmになる。葉は長さ1~3cmほどの卵形鋸歯をもち,対生する。夏に茎の先端に花穂をつけ,淡紅色の小型の唇形花を数段輪生する。おしべは4本で,そのうち2本が長い。和名は花穂の形によるもの。同属の植物にクルマバナ (車花) ヤマトウバナイヌトウバナなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウバナ【トウバナ(塔花) Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntz.】

やや湿った山野の道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は基部で分枝し,長さ10~30cm,基部ははって,先の方は立ちあがる。葉は対生し,卵形で長さ2~3cm,鋸歯があって短い葉柄がある。5~8月ごろ,茎の先端に花穂をつくって,数段に淡紅紫色の花をつける。この花穂の状態が塔の九輪を思わせるところから,トウバナ(塔花)という名が出たと思われる。萼は筒状で長さ3~4mm,少し毛がある。花冠は筒状2唇形で長さ5~6mm,上唇は浅く2裂し,下唇はやや大きく3裂して,中央裂片は最も大きく,さらに2裂する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android