コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウバナ

百科事典マイペディアの解説

トウバナ

シソ科の多年草。本州〜沖縄の山野に普通にはえ,朝鮮,中国にも分布する。高さ20〜30cm,葉は対生し,卵形で腺点がなく,長さ1〜3cm。6〜8月,茎の上部に小さな唇形(しんけい)花を数段に輪生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウバナ
とうばな / 塔花
[学]Clinopodium gracile (Benth.) O. Kuntze

シソ科の多年草。茎は地下茎から数本出て、基部はすこしはい、上部は立ち上がって高さ10~30センチメートル。葉は卵形で長さ1~3センチメートル、短い葉柄があり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。5~8月、茎の先端に花穂をつくり、輪状に小形の唇形花を数段つける。名は、この花穂の状態からついた。花冠は淡紅色で長さ5~6ミリメートル、萼(がく)は筒状で先に五つの歯牙(しが)がある。山野のやや湿った道端に生え、本州から沖縄、およびマレーシア、インドに分布する。近縁のヤマトウバナC. multicaule (Maxim.) O. Kuntzeは、葉裏に腺点(せんてん)があり、花は白色で長さ7~9ミリメートル。山地に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トウバナの関連キーワードトウバナ(塔花)イヌトウバナヤマトウバナシソ科村田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android