コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウバナ

2件 の用語解説(トウバナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トウバナ

シソ科の多年草。本州〜沖縄の山野に普通にはえ,朝鮮,中国にも分布する。高さ20〜30cm,葉は対生し,卵形で腺点がなく,長さ1〜3cm。6〜8月,茎の上部に小さな唇形(しんけい)花を数段に輪生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウバナ
とうばな / 塔花
[学]Clinopodium gracile (Benth.) O. Kuntze

シソ科の多年草。茎は地下茎から数本出て、基部はすこしはい、上部は立ち上がって高さ10~30センチメートル。葉は卵形で長さ1~3センチメートル、短い葉柄があり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。5~8月、茎の先端に花穂をつくり、輪状に小形の唇形花を数段つける。名は、この花穂の状態からついた。花冠は淡紅色で長さ5~6ミリメートル、萼(がく)は筒状で先に五つの歯牙(しが)がある。山野のやや湿った道端に生え、本州から沖縄、およびマレーシア、インドに分布する。近縁のヤマトウバナC. multicaule (Maxim.) O. Kuntzeは、葉裏に腺点(せんてん)があり、花は白色で長さ7~9ミリメートル。山地に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウバナの関連キーワードサルビアヨモギ秋の田村草靫草塔花車花鈴香薷フキヨメナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone