コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカラ語 トカラごTocharian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカラ語
トカラご
Tocharian language

トルキスタン地方 (現在は中国のシンチヤン〈新疆ウイグル自治区) のタリム盆地で話されていた言語。 19世紀末から発見された,ブラーフミー文字で書かれた 500~700年頃の文献で知られるが,現在は死語。インド=ヨーロッパ語族に属し,ケントゥム語群に入るが,独自の特徴をそなえていて一つの独立した語派をなすとみられている。A,Bと呼ばれる2つの方言が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トカラ語【トカラご】

トハラ語とも。20世紀初め東トルキスタン発掘の際に発見されたインドのブラーフミー文字で書かれた文献中の言語で,インド・ヨーロッパ語族に属する死語。インド・ヨーロッパ語中最も東に位置し,独立した一部派をなす。
→関連項目インド・ヨーロッパ語族ショルチュクレビ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トカラご【トカラ語 Tocharian】

東トルキスタンのトゥルファンカラシャール,クチャなどで発見されたインド系のブラーフミー文字文献中の言語。トハラ語ともいう。系統的にはインド・ヨーロッパ語族に属し,独立した一語派をなす。地理的に見れば,インド・ヨーロッパ語族中でインド・アーリヤ諸語と並びその最も東に位置している。トカラ語文献はおよそ6世紀から8世紀の間に書かれたものと推定されるが,この言語は10世紀ごろにはウイグル族に征服され死語になったものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカラ語
とからご

19世紀末から20世紀初頭にかけて、現在中国領に属する東トルキスタン、シルク・ロードが通ずるタリム盆地の砂漠から発見された7~8世紀の文献によって知られる言語。1908年、ドイツの学者ジークEmil SiegおよびジークリングWilhelm Sieglingによって解読され、印欧語に属する一言語であることが判明した。現存する資料は、ブラーフミー文字で書かれ、主としてサンスクリット語の仏典の翻訳であるが、なかには隊商のための通行許可書なども含まれている。A・B二つの方言が区別され、最近は前者を「トゥルファン方言」、後者を「クチャ方言」とも称する。早くからこの地方に進出した、チュルク系ウイグル語に吸収されて消滅したこの言語を話していた民族については不詳だが、イラン系トカラ人とはまったく別で、したがってトカラ語という名称はかならずしも適切な命名とはいえない。この言語は印欧語のなかでもっとも東方に位置するにもかかわらず、インド語、イラン語、スラブ語などを含む「サテム群」ではなく、ギリシア語、ラテン語、ゲルマン語など西方の「ケントゥム群」に属する。言語的特徴としては、子音に有声・無声、有気・無気の区別がなく、そのかわりに口蓋(こうがい)化が発達し、名詞は九つの格を区別し、語尾変化が膠着(こうちゃく)語的であるなど、特異な発達を示す反面、動詞の活用組織などに印欧語の古い相をよく保存している。ヒッタイト語とともに印欧語系の新たな言語として近年重要視されている。[松本克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トカラ語の関連キーワードインドヨーロッパ語族・インドインド=ヨーロッパ語族インドヨーロッパ語族クチャ(庫車)遺跡トゥルファン語クロライナ語ウイグル文献クーチョ語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android