コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワギョリュウ トキワギョリュウ Casuarina equisetifolia

3件 の用語解説(トキワギョリュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキワギョリュウ
トキワギョリュウ
Casuarina equisetifolia

モクマオウ科の常緑高木で,オーストラリア原産。乾燥に強く,世界的に暖地や乾燥地に栽培され,海岸にもよく自生状態でみられる。小枝はスギナ (杉菜) を思わせる繊細さで,節があり,なかば垂れ下がって特異な景観となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トキワギョリュウ

モクマオウ科の常緑高木。オーストラリア原産で日本では関東以西の暖地に植栽される。小枝は繊細で先が下垂し,一見葉のようにみえる。若枝はトクサの茎のように節があり,各節には褐色,狭披針形の退化した鱗片葉が6〜8枚輪生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキワギョリュウ
ときわぎょりゅう
[学]Casuarina equisetifolia L.

モクマオウ科の常緑高木。高いものは約20メートルに達する。枝先は垂下し、全体は円錐(えんすい)形をなして茂る。根に共生菌をもち、菌根をなす。枝は細く、各節に7枚の鱗片(りんぺん)葉が輪生し、外見はスギナに似る。雌雄同株あるいは異株。雄花は細枝の先端に長さ1~1.5センチメートルの穂状花序をつくり、花被片(かひへん)は2枚、雄しべは1本。雌花は枝の基部の短枝に頭状花序をつくって開く。果実は広楕円(こうだえん)形の集合した痩果(そうか)で長さ約1センチメートル。オーストラリア原産で、沖縄諸島、小笠原(おがさわら)諸島では自然に繁殖するほか、海浜に砂防林として植栽される。樹皮からタンニンがとれる。本種はモクマオウ属のなかではもっとも広く植栽され、一般にモクマオウとよばれているが、真正のモクマオウC. stricta Ait.では、節に16枚ほどの鱗片葉が輪生する。明治初年に移入されたが、現在日本ではほとんどみられない。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトキワギョリュウの言及

【モクマオウ】より

…果実が熟し乾燥するとくちばしが開き,中から狭い翼を持つ果実を放出する。 トキワギョリュウC.equisetifolia L.(英名horsetail tree,swamp oak,Australian pine)は東南アジアから太平洋諸島に広く野生し,公園などにしばしば栽培されている。 モクマオウ属Casuarina(英名she‐oak,beefwood)はオーストラリアを中心に約45種が分布し,東南アジア,ポリネシア,アフリカ東部に少数種がある。…

※「トキワギョリュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トキワギョリュウの関連キーワードオーストラリア区グレビレアカヤプテ常磐御柳オーストラリア亜区西オーストラリア南オーストラリアオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ミストモクマオウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone