コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキンイバラ

百科事典マイペディアの解説

トキンイバラ

中国原産といわれるバラ科の落葉低木。キイチゴの仲間だが花がバラに似ているので庭木にする。高さは約1m,葉は3〜5小葉の羽状葉で,枝にはとげがある。5月,若枝に径5cmほどの八重咲の花をつける。
→関連項目キイチゴ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トキンイバラ【brier rose】

中国原産で,古く宝永年間(1704‐11)にすでに観賞用として栽培されていたバラ科キイチゴ属の樹木。中国南部では常緑,日本では落葉小低木になる。高さ1m内外。茎は直立または斜上し,緑紫色で稜が縦に走り角ばる。枝は粗でほとんど無毛,扁平なとげを散生する。地下茎で増えひろがる。葉は互生し,奇数羽状複葉で小葉は3~5枚,小葉は長楕円形で,長さ3~6cm,幅1~3cmで,鋭頭,鈍脚または円脚で,縁には重鋸歯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキンイバラ
ときんいばら
[学]Rubus rosafolius Smith form. coronarius (Sims) O. Kuntze

バラ科の落葉低木。ボタンイバラともいう。高さ約1メートル。キイチゴの類で、茎は角張り、刺(とげ)を散生する。葉は互生し、奇数羽状複葉、3~5枚の小葉をつける。小葉は長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、縁(へり)に二重の細かい鋸歯(きょし)があり、表面は葉脈に沿ってへこむ。5月、小枝の先に径5~6センチメートルで八重の白色花を1個上向きに開く。中国原産。貝原益軒(かいばらえきけん)の『花譜』(1694)にコヤオキとして、初めて名が載っている。繁殖は地下茎から出る小苗を育てる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トキンイバラの関連キーワード宝相華文小林義雄鈴掛薔薇牡丹薔薇牡丹花牡丹茨菊茨余釄荼䕷酴釄

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android