コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキンイバラ

3件 の用語解説(トキンイバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トキンイバラ

中国原産といわれるバラ科の落葉低木。キイチゴの仲間だが花がバラに似ているので庭木にする。高さは約1m,葉は3〜5小葉の羽状葉で,枝にはとげがある。5月,若枝に径5cmほどの八重咲の花をつける。
→関連項目キイチゴ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トキンイバラ【brier rose】

中国原産で,古く宝永年間(1704‐11)にすでに観賞用として栽培されていたバラ科キイチゴ属の樹木。中国南部では常緑,日本では落葉小低木になる。高さ1m内外。茎は直立または斜上し,緑紫色で稜が縦に走り角ばる。枝は粗でほとんど無毛,扁平なとげを散生する。地下茎で増えひろがる。葉は互生し,奇数羽状複葉で小葉は3~5枚,小葉は長楕円形で,長さ3~6cm,幅1~3cmで,鋭頭,鈍脚または円脚で,縁には重鋸歯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキンイバラ
ときんいばら
[学]Rubus rosafolius Smith form. coronarius (Sims) O. Kuntze

バラ科の落葉低木。ボタンイバラともいう。高さ約1メートル。キイチゴの類で、茎は角張り、刺(とげ)を散生する。葉は互生し、奇数羽状複葉、3~5枚の小葉をつける。小葉は長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、縁(へり)に二重の細かい鋸歯(きょし)があり、表面は葉脈に沿ってへこむ。5月、小枝の先に径5~6センチメートルで八重の白色花を1個上向きに開く。中国原産。貝原益軒(かいばらえきけん)の『花譜』(1694)にコヤオキとして、初めて名が載っている。繁殖は地下茎から出る小苗を育てる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トキンイバラの関連キーワード浅井正村正住朝辰錦袋円花椒加藤春琳杉浦正職道与八虹原栄宅山田四郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone