コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコン

2件 の用語解説(トコンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トコン

生薬。ブラジル原産のアカネ科植物トコンの根を乾燥したもの。エメチン等のアルカロイドを含む。催吐薬,去痰(きょたん)薬,下剤として用いる。またアメーバ赤痢にも有効。
→関連項目催吐剤ドーフル散

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トコン
とこん / 吐根
ipecac
[学]Cephaelis ipecacuanha (Brot.) A. Richard

アカネ科の低木。高さ20~40センチメートルで、ブラジルの暗い湿潤な森林中に自生する。また、インドミャンマービルマ)、マレーシアでは栽培されている。葉は数が少なく2~3対生し、倒卵形、全縁で葉柄がある。花は白色で小さく、多数が頭状花序様に集まり、茎頂の葉腋(ようえき)につくが、花序柄が長いために頂生しているようにみえる。花冠は漏斗(ろうと)状をなす。果実は暗紫色の液果で2個の種子をもつ。根は節のような凹凸が多く、乾燥したものは径2~3ミリメートルで、表面は褐色を呈する。リオ・デ・ジャネイロから積み出しされる根を、リオ吐根と称し、鎮咳(ちんがい)、去痰(きょたん)、催吐剤として用いる。根はアルカロイドを2~3%含むため、その主成分であるエメチンを塩酸塩として分離し、これをアメーバ赤痢の治療に用いる。コロンビアの森林中に自生するアクミナータ種C. acuminata Karstenの根はカルタゲナ吐根と称し、リオ吐根と同様に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トコンの関連情報