トサミズキ(土佐水木)(読み)トサミズキ(英語表記)Corylopsis spicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トサミズキ(土佐水木)
トサミズキ
Corylopsis spicata

マンサク科の落葉低木。高知県の山地にまれに自生するが,普通は観賞用として庭園などに植えられる。葉は円形または倒卵状円形で,長さ,幅とも6~10cmもあり,主脈の両側に8対前後の支脈が目立つ。葉縁に鋸歯があって下面には軟毛が多い。春に,葉の出る以前に淡黄色の花が7~8個,長さ 5cmほどの穂をなして垂れ下がる。花序の軸には毛が密生する。おしべは5本。子房は2室でおのおのに1つずつ胚珠をもつ。 蒴果は2室で硬い2枚の果皮に裂ける。近縁種ヒュウガミズキ (日向水木) 花穂が短くて1~3個の花がつき,蒴果には花柱が残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android