コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トサミズキ

百科事典マイペディアの解説

トサミズキ

高知県の岩地に自生するマンサク科の落葉低木。庭木にもする。葉は卵円形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。3〜4月,葉の出る前に淡黄色5弁の花が7〜8個穂状にたれ下がる。
→関連項目ヒュウガミズキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トサミズキ【Corylopsis spicata Sieb.et Zucc.】

早春,葉に先立って香気のある黄色の花を総状に垂らすマンサク科の落葉低木で,庭木や生花用に広く植えられる(イラスト)。高さ2~3m,密に分枝して叢生(そうせい)する。小枝は淡灰褐色でやや太く雁木状に立つ。一年枝,葉の裏および花序軸は星状毛に覆われる。葉は互生し,ややいびつな卵円形または倒卵円形で,長さ4~11cm,基部は心形で,7~9対の側脈が縁の波状の歯牙端に達する。3~4月,短枝の先から7~12花の総状花序を垂らす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トサミズキ
とさみずき / 土佐水木
[学]Corylopsis spicata Sieb. et Zucc.

マンサク科の落葉低木。高さ3メートルほどになる。幹は黄褐色、よく分枝する。葉はやや厚く、卵円形、長さ5~10センチメートル、下面に軟毛があり、波状の低い鋸歯(きょし)がある。花は淡黄色で葉よりも先に開き、3~4月、下垂する穂状花序に7~10個つく。果実は長楕円(ちょうだえん)形の(さくか)で、黒いつやのある2種子がある。高知県に分布し、蛇紋岩地や石灰岩地に生える。葉がミズキに似ていて、土佐(とさ)で発見されたのでこの名がある。江戸時代から観賞用に栽培され、現在でも各地で庭園樹として普通に栽培されている。
 トサミズキ属は日本、朝鮮半島、中国、ヒマラヤに十数種が分布し、日本にはトサミズキのほかに、キリシマミズキ、コウヤミズキ、ヒュウガミズキの3種がある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トサミズキの関連キーワードヒュウガミズキ(日向水木)コウヤミズキ日向水木水木

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android