コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トスカネリ Toscanelli, Paolo dal Pozzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トスカネリ
Toscanelli, Paolo dal Pozzo

[生]1397. フィレンツェ
[没]1482. フィレンツェ
イタリアの天文学者,地理学者,医者。フィレンツェ大学,パドバ大学で医学,数学,天文学を学ぶ。パドバでは,ニコラウス・クザーヌスとも親交を結ぶ。医者を開業したのち,フィレンツェ図書館長となった。読書によって豊富な東洋の知識をもち,ポルトガル王アフォンソ5世に,喜望峰航路よりも短い東洋航路があることを進言した (1474) 。数年後,世界全図を描いて新しいルートを記し,コロンブスのアメリカ大陸発見に影響を与えた。ドーム寺院の上に日時計を建て (68) ,この子午線を使ってアルフォンソ表を訂正,黄道の変動を決定した。また彗星の観測を多く行い,その位置変化を記録した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トスカネリ

イタリア,フィレンツェの医師,地図製作者,数学者。杭州リスボンの西方9000kmにあると信じ,その間に海洋をはさんだ地図を作った。これがコロンブスの計画の重要な根拠となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トスカネリ【Paolo dal Pozzo Toscanelli】

1397‐1482
フィレンツェの医師,地理学者。コロンブスに西航を決意させた海図を提供したことで知られる。コロンブス一家と交際があり,コロンブスの遺品の一部を譲り受けたスペイン人ラス・カサスの《インディアス史》(1552‐61)第1巻に,トスカネリのコロンブスあて書簡2通(日付なし)が収められており,1通は1474年のマルティネスF.Martines(ポルトガル顧問官)あて書簡と同文であるが,キサイ(杭州)をリスボンの西1625レグア(約9000km。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トスカネリ【Paolo dal Pozzo Toscanelli】

1397~1482) イタリアの天文学者・地理学者。西方航路によるインド到達の可能性を論じ、コロンブスのアメリカ大陸発見の糸口をなした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

トスカネリの関連キーワードマルチン・ベハイムの地球儀コロンブスの航海大航海時代イタリア天文学者パドバ糸口

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android