コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トスティ トスティTosti, Francesco Paolo

4件 の用語解説(トスティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トスティ
トスティ
Tosti, Francesco Paolo

[生]1846.4.9. オルトーナスルマーレ
[没]1916.12.2. ローマ
イタリアの作曲家。ナポリのサン・ピエトロ・マイエラ音楽学校バイオリンと作曲を学ぶ。 1866年卒業と同時に同校の助教授となったが,健康を害し故郷に戻る。静養しながら歌曲を作曲,ローマで作品を発表し成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トスティ

イタリアの作曲家。ナポリの王立音楽学校に学ぶ。1880年から英国王室の歌唱教師,1894年ローヤル音楽アカデミー声楽教授。英国市民権も得たが,のちイタリアに戻りローマで死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トスティ【Francesco Paolo Tosti】

1846‐1916
イタリアの歌曲作曲家。1857‐66年ナポリの王立音楽学校に学ぶ。その後ローマで王室の歌唱教師などをつとめ,75年ロンドンデビュー。80年イギリス王室の歌唱教師,94年よりローヤル音楽アカデミーで教え,1912年ローマに戻る。気品ある抒情性ゆたかな旋律によりイタリア歌曲の芸術性を大いに高めた。《朝の歌》《セレナード》をはじめ,《さようなら》《夢》などが有名である。【西原 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トスティ
とすてぃ
(Francesco) Paolo Tosti
(1846―1916)

イタリアの歌曲作曲家、声楽教師。オルトナ生まれ。1858年からナポリのサン・ピエトロ・ア・マイエッラ王立音楽院でバイオリンと作曲を学ぶ。同校で教えたのち、80年にロンドンに定住、王室の声楽教師を務め、1908年にサーの称号を得た。12年にイタリアに戻り、ローマで没。彼の作品表はすべて歌曲とバラードで、その美しく平易な旋律は広く愛唱されて現在に至る。有名な作品に『理想』『悲しみ』『マレキャーレ』『最後の歌』などがある。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トスティの関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トスティの関連情報