コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トドマツ(椴松) トドマツ Saghalien fir

1件 の用語解説(トドマツ(椴松)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トドマツ【トドマツ(椴松) Saghalien fir】

円錐形の整然とした樹冠をなして直立するマツ科モミ属の常緑高木で,エゾマツとともに北海道を代表する針葉樹である(イラスト)。高さ35m,直径1mに達し,幹の樹皮は灰白色を呈し滑らかであるが,老木では割れ目を生じる。樹脂囊が多い。太枝は水平または斜め上方にまっすぐに伸びる。若枝には褐色の短毛を密生する。針葉は長さ15~30mmで螺生(らせい)する。5月ごろ樹冠上部の前年枝上面の葉腋(ようえき)から紫紅色の雌球花を直立し,前年枝上半部の多数の葉腋から雄花が下向きに出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トドマツ(椴松)の関連キーワードピンゴ甘食円錐形コルネ野花菖蒲ヒマラヤ杉円錐摩擦クラッチハイポイド歯車ストロモコノリスチョココルネ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone