コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トドマツ(椴松) トドマツSaghalien fir

世界大百科事典 第2版の解説

トドマツ【トドマツ(椴松) Saghalien fir】

円錐形の整然とした樹冠をなして直立するマツ科モミ属の常緑高木で,エゾマツとともに北海道を代表する針葉樹である(イラスト)。高さ35m,直径1mに達し,幹の樹皮は灰白色を呈し滑らかであるが,老木では割れ目を生じる。樹脂囊が多い。太枝は水平または斜め上方にまっすぐに伸びる。若枝には褐色の短毛を密生する。針葉は長さ15~30mmで螺生(らせい)する。5月ごろ樹冠上部の前年枝上面の葉腋(ようえき)から紫紅色の雌球花を直立し,前年枝上半部の多数の葉腋から雄花が下向きに出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トドマツ(椴松)の関連キーワード円錐形