コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビ トビMilvus migrans; black kite

2件 の用語解説(トビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビ
トビ
Milvus migrans; black kite

タカ目タカ科。全長は雄 58cm,雌 68cm。全身暗褐色の大きなタカで,尾が凹尾であるのが特徴。ユーラシア大陸に広く分布し,日本でも全国の海岸や平地に留鳥として普通に生息する。大きな木の上に枯れ枝で巣をつくり,2~4個の卵を産む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビ
とび / 鳶
black kite
[学]Milvus migrans

鳥綱タカ目タカ科の鳥。トンビともいう。ユーラシアの中部以南、アフリカの大部分、ニューギニア島オーストラリアなどに、主として留鳥として分布する。日本にも留鳥としてすみ、九州以北で繁殖する。全長約64センチメートル、長い翼と凹尾をもった中形のタカである。体は濃褐色で、尾はすこし赤褐色を帯びている。翼の下面も濃褐色であるが、初列風切(かざきり)の基部に白斑(はくはん)があり、飛翔(ひしょう)中に目だつ。海岸から山地の開けた所にすみ、とくに漁港や都会のごみ捨て場には数が多い。両翼を広げて上昇気流にのり、羽ばたかないで輪を描いて飛ぶことが多いが、ゆっくりした羽ばたきと滑翔を交互にして直線的に飛ぶ場合もある。魚の死体やあら、ネズミの死体などをみつけると、翼を左右に傾けて急降下し足でつかむ。秋から冬には集まって一定の林をねぐらとする。高木の枝の上に枯れ枝を積み上げて大きな巣をつくり、2~4個の卵を産む。ピーヒョロロと口笛のような声で鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トビの関連キーワード観音寺遺跡オオワシダルメシアンマナヅル三村ことみ牧田明子絢可松島里香中村有希阿部明菜

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トビの関連情報