コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビ Milvus migrans; black kite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビ
Milvus migrans; black kite

タカ目タカ科。全長 60~65cm。飛翔中に見せる長いと,先が角張り,くの字に切れ込んでいることもある尾羽が特徴。全身褐色だが,頭部と頸は色が淡く,眼のまわりから耳羽が黒褐色。また,頭部や胸などの羽軸は黒味が強く,縦縞模様をつくる。翼も各羽の羽軸が黒褐色で縁の色が淡く,不明瞭なうろこ模様になっている。スカンジナビア半島イギリスを除くユーラシア大陸の北緯約 60°以南と,アフリカオーストラリアに広く繁殖分布する。ヨーロッパからロシア東部,サハリン島にかけての地域では,非繁殖期には南へ渡る。農耕地や海岸,河川敷などでよく観察されるが,都市にすむものもいる。気流に乗って帆翔しながら食べ物を探し,急降下して足でつかむ。巣は大木の樹上に枯れ枝を積んでつくり,2~4個の卵を産む。日本では全国に周年生息するが,冬に寒冷地から暖地に移動するものもいる。主食は死んだ動物や魚の残骸などだが,生きたものもとる。「ぴーひょろひょろひょろ」と鳴く。(→猛禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビ
とび / 鳶
black kite
[学]Milvus migrans

鳥綱タカ目タカ科の鳥。トンビともいう。ユーラシアの中部以南、アフリカの大部分、ニューギニア島、オーストラリアなどに、主として留鳥として分布する。日本にも留鳥としてすみ、九州以北で繁殖する。全長約64センチメートル、長い翼と凹尾をもった中形のタカである。体は濃褐色で、尾はすこし赤褐色を帯びている。翼の下面も濃褐色であるが、初列風切(かざきり)の基部に白斑(はくはん)があり、飛翔(ひしょう)中に目だつ。海岸から山地の開けた所にすみ、とくに漁港や都会のごみ捨て場には数が多い。両翼を広げて上昇気流にのり、羽ばたかないで輪を描いて飛ぶことが多いが、ゆっくりした羽ばたきと滑翔を交互にして直線的に飛ぶ場合もある。魚の死体やあら、ネズミの死体などをみつけると、翼を左右に傾けて急降下し足でつかむ。秋から冬には集まって一定の林をねぐらとする。高木の枝の上に枯れ枝を積み上げて大きな巣をつくり、2~4個の卵を産む。ピーヒョロロと口笛のような声で鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トビの関連キーワードパラシュートヤモリムラサキトビケラ樺太胡麻斑飛螻台湾飛竹節虫安松飛竹節虫姫網目飛螻棘鬚姫天牛跳二十日鼠胡麻斑飛螻並鳶色蜉蝣錆脚粉扁虫棘鳶色蜉蝣褄黒飛螻飛竹節虫円翅飛螻網目飛螻鳶色天牛トビエイトビウオ高野伸二

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トビの関連情報