コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビ トビ Milvus migrans; black kite

2件 の用語解説(トビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビ
トビ
Milvus migrans; black kite

タカ目タカ科。全長は雄 58cm,雌 68cm。全身暗褐色の大きなタカで,尾が凹尾であるのが特徴。ユーラシア大陸に広く分布し,日本でも全国の海岸や平地に留鳥として普通に生息する。大きな木の上に枯れ枝で巣をつくり,2~4個の卵を産む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビ
とび / 鳶
black kite
[学]Milvus migrans

鳥綱タカ目タカ科の鳥。トンビともいう。ユーラシアの中部以南、アフリカの大部分、ニューギニア島オーストラリアなどに、主として留鳥として分布する。日本にも留鳥としてすみ、九州以北で繁殖する。全長約64センチメートル、長い翼と凹尾をもった中形のタカである。体は濃褐色で、尾はすこし赤褐色を帯びている。翼の下面も濃褐色であるが、初列風切(かざきり)の基部に白斑(はくはん)があり、飛翔(ひしょう)中に目だつ。海岸から山地の開けた所にすみ、とくに漁港や都会のごみ捨て場には数が多い。両翼を広げて上昇気流にのり、羽ばたかないで輪を描いて飛ぶことが多いが、ゆっくりした羽ばたきと滑翔を交互にして直線的に飛ぶ場合もある。魚の死体やあら、ネズミの死体などをみつけると、翼を左右に傾けて急降下し足でつかむ。秋から冬には集まって一定の林をねぐらとする。高木の枝の上に枯れ枝を積み上げて大きな巣をつくり、2~4個の卵を産む。ピーヒョロロと口笛のような声で鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トビの関連キーワード熊鷹タカ(鷹)クマタカ(熊鷹)タチヨタカ(立夜鷹)チュウヒ(沢鵟)ツミ(雀鷂)ノスリ(鵟)ハイタカ(鷂)ミサゴ(鶚)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トビの関連情報