コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリバネアゲハ(鳥羽揚羽) トリバネアゲハ

1件 の用語解説(トリバネアゲハ(鳥羽揚羽)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トリバネアゲハ【トリバネアゲハ(鳥羽揚羽)】

鱗翅目アゲハチョウ科トリバネアゲハ属Ornithopteraの昆虫の総称。一群の巨大なチョウで,英語のbirdwing butterflyには後述のキシタアゲハ類も含まれる。ニューギニア島を中心に,ソロモン諸島,モルッカ諸島,北部オーストラリアなどに分布が限られる。1885年ころ,ニューギニア探検中のイギリス人ジョン・マギリブレーが散弾銃で初めて採集したトリバネアゲハは,当時在位中の女王にちなんでO.victoriae(ビクトリアトリバネアゲハ)と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリバネアゲハ(鳥羽揚羽)の関連キーワード青条揚羽揚羽蝶烏揚羽帝揚羽揚羽の蝶擬鳳蝶蛾黄揚羽黒揚羽蝶麝香揚羽紋黄揚羽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone