コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルデシーリャス条約 トルデシーリャスじょうやく

2件 の用語解説(トルデシーリャス条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トルデシーリャス条約【トルデシーリャスじょうやく】

1494年,スペインポルトガルがスペインのトルデシーリャスTordesillasで締結した条約。海外での領土紛争を避けるため,両国の勢力範囲を区分したもの。大西洋上のベルデ岬諸島の西方370レグア(1レグアは約5.6km)を通る子午線(西経45°付近)を境に,東側をポルトガル,西側をスペインの新領土取得範囲とした。
→関連項目ジョアン[2世]大航海時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トルデシーリャスじょうやく【トルデシーリャス条約】

1494年6月スペインのカトリック両王とポルトガルのジョアン2世との間で締結された条約で,これにより大西洋における両国の管轄区域が定められた。コロンブスの発見地を1479年のアルカソバス協定にもとづいて自国の領土に属すると主張するジョアン2世に対し,カトリック両王ローマ教皇アレクサンデル6世に使者を送り,発見地が自国に属する旨の大教書の公布を求めた。93年5月4日,教皇は大教書〈インテル・ケテラ〉を発布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトルデシーリャス条約の言及

【アメリカ】より

…アメリカという名称は,16世紀後半までにヨーロッパ各国で一般に用いられるようになったが,スペインにおいてはインディアスという呼称が19世紀初めまで好んで用いられた。 コロンブスの第1回航海の2年後,すなわち1494年に,スペイン,ポルトガル両国間にトルデシーリャス条約が結ばれ,ベルデ岬諸島の西370レグアの地点を走る経線を境界線として,その東・西をそれぞれポルトガル,スペインの権利保有地と定められた。この条約にしたがってポルトガルは東インド各地の領土と貿易の経営に努力する一方,南アメリカにおけるブラジル植民を開始した。…

【アレクサンデル[6世]】より

…教皇としての施策は出身たるボルジア家,とくにその子チェーザレ・ボルジアへの優遇から決定され,その権謀術数はルネサンス期支配者の模範としてマキアベリの賞賛をえた。教皇在任中の注目すべき業績としては新大陸におけるスペイン,ポルトガル領境界線の決定(トルデシーリャス条約,1494),サボナローラの処刑(1498),みずから組織した1500年の聖年,対ムーア人十字軍(1499‐1500),サンタンジェロ城再建がある。またラファエロ,ミケランジェロらの庇護者としても知られる。…

【大航海時代】より

…スペインはコロンブスの成功に基づいてローマ教皇にスペイン,ポルトガル両国の勢力範囲を確定させた。これはのちに両国間の交渉によって修正され,1494年にトルデシーリャス条約が結ばれた。それによってベルデ岬の西370レグア(約2040km)の線を境界とし,その西側で発見された土地はスペインの,その東側で発見された土地はポルトガルの領土とすることとされた。…

※「トルデシーリャス条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トルデシーリャス条約の関連キーワードモサラベ聖歌トリックカトリック教会グラナダ大聖堂バイオナマラガ大聖堂組曲「スペイン」スペイン行進曲スペインの歌スペインの庭の夜

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone