コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルトサ トルトサTortosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルトサ
Tortosa

スペイン北東部,カタルニャ州,タラゴナ県の都市。バルセロナの南西約 150km,エブロ川の下流沿岸に位置する。古くはローマ人の植民地で,ムーア人の支配下では重要な前哨基地の一つ。エブロ川三角洲の米作地帯の一中心。米作やブドウ,オリーブの栽培がみられ,オリーブ油製粉,化学製品の工業が盛ん。 14世紀に建造されたゴシック様式大聖堂ルネサンス様式の宮殿,中世の城館などが残存。人口2万 8561 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルトサ
とるとさ
Tortosa

スペイン北東部、カタルーニャ地方の都市。人口2万8933(2001)。エブロ川が河口から40キロメートル上流で狭い谷をつくる部分に位置し、下流に発達したデルタの米作中心地。周りの丘陵や斜面はオリーブ畑などに利用され、オリーブ油の精製や精米、織物、化学などの工場が立地する。河港があり、外航船遡行(そこう)の終点となっている。イベリア人の集落を起源とし、ローマ人に都市として整備された。1148年以来、司教座の所在地で、14世紀の大聖堂や中世の城跡などがある。スペイン内戦末期に荒廃したが再建された。市街地はバルセロナ方向およびエブロ川右岸に拡大している。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトルトサの言及

【ラモン・ベレンゲール[4世]】より

…さらに44年以降はプロバンス侯国の支配権も握って先代以来のカタルニャとのきずなを一段と固めた。他方,アラゴンとの連合で強化された軍事力を生かしてトルトサとレリダの2イスラム教国を征服,53年までにはエブロ川河口を確保する形でカタルニャの国土回復戦争(レコンキスタ)を完了した。【小林 一宏】。…

※「トルトサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トルトサの関連キーワードラモン・ベレンゲール[4世]ラモン・ベレンゲール[3世]ラモン・ベレンゲル4世ハドリアヌス6世カブレラペドレル

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルトサの関連情報