コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンプルイユ とろんぷるいゆ trompe l'(oe)il(仏)

3件 の用語解説(トロンプルイユの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

トロンプルイユ

だまし絵」の意味で、セーターTシャツなどにポケットリボンなどをプリントして、まるで本物のように見せかける手法。ユニーク遊び心を表現する。近年はより技法が高度化して、織りや刺しゅうなどで複雑に仕上げられる場合が多い。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロンプ‐ルイユ(〈フランス〉trompe-l'œil)

《人目を欺(あざむ)く意》
実物と見まがうほど写実的な絵画。また、その技法。古くは古代ギリシャ絵画にみられ、ルネサンス期では、建築物の壁面に大理石の模様や彫刻作品を描き込むなどの表現も行われた。現代ではシュールレアリスムの一部やスーパーリアリズムにみられる。だまし絵。
ファッションで、襟(えり)やポケット、アクセサリーなどを本物のように描き入れた洋服。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トロンプルイユ【trompe-l'oeil】

〔目をあざむく意から〕
だまし絵。精密な描写で、実物そっくりに見せかける。現代絵画ではスーパー-リアリズムに見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロンプルイユの関連キーワード英雄人を欺く鬼を欺く実物大人目を奪う人目を盗む人目を憚る人目を引く昼を欺く雪を欺く人目を避ける

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロンプルイユの関連情報