コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンプルイユ とろんぷるいゆtrompe l'(oe)il(仏)

知恵蔵の解説

トロンプルイユ

だまし絵」の意味で、セーターやTシャツなどにポケットやリボンなどをプリントして、まるで本物のように見せかける手法。ユニークな遊び心を表現する。近年はより技法が高度化して、織りや刺しゅうなどで複雑に仕上げられる場合が多い。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トロンプ‐ルイユ(〈フランス〉trompe-l'œil)

《人目を欺(あざむ)く意》
実物と見まがうほど写実的な絵画。また、その技法。古くは古代ギリシャ絵画にみられ、ルネサンス期では、建築物の壁面に大理石の模様や彫刻作品を描き込むなどの表現も行われた。現代ではシュールレアリスムの一部やスーパーリアリズムにみられる。だまし絵。
ファッションで、襟(えり)やポケット、アクセサリーなどを本物のように描き入れた洋服。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

トロンプルイユ【trompe-l'oeil】

〔目をあざむく意から〕
だまし絵。精密な描写で、実物そっくりに見せかける。現代絵画ではスーパー-リアリズムに見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トロンプルイユの関連キーワードトリックアートリアリズムゴゾ大聖堂騙し絵描写

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トロンプルイユの関連情報