トロンプ・ルイユ[絵画技法](読み)トロンプ・ルイユ[かいがぎほう](英語表記)trompe l'oeil

翻訳|trompe l'oeil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロンプ・ルイユ[絵画技法]
トロンプ・ルイユ[かいがぎほう]
trompe l'oeil

絵画技法。フランス語で「眼をだます」の意で,画中の事物がまるで現実のものと見まちがえるほどに迫真的に表現されている描写表現。「だまし絵」などと訳される。イリュージョニスムの特殊な例といえる。古くはゼウクシス,さらに 17世紀オランダ絵画に多くの例がみられるが,最も典型的な画家としては,19世紀アメリカの W.ハーネットがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android