コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トローリング トローリング trolling

6件 の用語解説(トローリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トローリング
トローリング
trolling

流し釣り。海洋で船を走らせて釣糸につけた擬餌を引き,小魚に見せかけて魚を誘い釣る方法。擬餌は鳥の羽,金属片,ビニル,獣骨などでつくられたものを用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トローリング(trolling)

船を走らせ、ルアーか餌を引いて大形の魚をねらう釣り。引き釣り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トローリング

高速の船で航走しながら回遊する大型魚を釣る米国式ひき釣(ビッグゲーム・フィッシング)。対象魚はカジキマグロ,サメ,シイラ,ブリなど。近年スポーツとして急速に普及している。
→関連項目釣り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トローリング【trolling】

海や湖沼でボートをゆっくり走らせ,糸を流しながら,さおとリールを用いて魚を釣ること。海釣りでは,日本でも古くからこの漁法があり,〈引釣り〉とか〈引縄釣り〉として発達し,現在でも漁法の一種として行われ,カジキ,ブリ,シイラ,カツオなどを釣っている。湖沼ではヒメマスニジマスを対象とし,レークトローリングといった表現もある。また,船を使わず,海岸から擬餌針を沖目に投入し,ゆっくりと手前にリールで巻きながらヒラメスズキイナダソウダガツオなどを釣るのは,サーフ・トローリングとも呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トローリング【trolling】

船を走らせながら後方に餌か擬餌鉤ぎじばりを付けた釣り糸を流して、カジキ・マグロなど大形の魚をねらう釣り。引き釣り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トローリング
とろーりんぐ
trolling

引き釣りともいい、船を走らせながら餌(えさ)か擬餌鉤(ぎじばり)を引いて、それが小魚が泳いでいるように見せかけて、中・大形魚を釣る方法の一つ。また、海岸などから擬餌鉤を投げ、リールなどでゆっくり手前に引き寄せながら釣ってもいい。対象魚はカジキ、マグロ、ブリ、カツオ、シイラなど多種にわたる。海岸からはカツオ類、スズキ、ヒラメなどが釣れる。アメリカ、ニュージーランドなどの各国では、トローリングはゲーム・フィッシングとして盛んで、竿(さお)、リール、釣り糸に等級を設け、その等級内でいかに大きな魚を釣り上げるかを競う競技団体が結成されており、その国際的な組織に、IGFA(International Game Fish Association国際釣魚協会)がある。IGFAは1939年にアメリカで誕生。釣りの研究はもとより、魚貝類、海洋動物の採集・研究が主たる目的だが、釣った魚録の認定も行う。その対象魚は60種に近く、IGFA加盟は個人が約9000人、釣り会約1000、加盟国は55か国を超える。本部はアメリカのフロリダ州に置かれている。
 典型的なトローリング用ボートは、船長35フィート前後、100~150馬力ディーゼルエンジン、ベッド、トイレット付きで、船尾にファイティング・チェア1、2基がついている。3~6ノットのスピードで、潮目やとりやま(鳥の群れ)を目標に餌を引く。ボラ、トビウオなどの魚が餌として使われるが、多くはフェザージグやタコ、イカなどをかたどったビニル・ベイトなどの擬餌鉤が広く用いられる。[松田年雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトローリングの言及

【引縄】より

…釣漁具の一種。擬餌針をつけた釣糸を船で引き回し,遊泳力の強い回遊性の魚種を釣りとる。実際の漁業では,2本から7本ぐらい引くので,船の両玄に竹ざおをはり出し,釣具がもつれないように間隔をとる。釣糸は100~200mのばすが,マグロなどの大型魚を対象とする場合は300mに達することもある。また,対象魚種の遊泳水深のところを引くために,所定の位置に釣針を保つように鉛や潜航板を用いることが多い。水深を保つことと,擬餌を巧みに動かして魚を誘うために,潜航板の形状にはくふうが凝らされる。…

【釣り】より

…両軸受型リールは巻きあげる力が強く,糸巻量も多い。大型は水深500mから1000mの深場を船で釣ったり,磯から10kg,20kgあるいはこれ以上の大物を釣るとき,船でのトローリングで100kg級の大物を追うときなどに使われる。片軸受型リールは,巻きあげるスピードが速いものが多く,船からのカワハギや小ダイ釣り,防波堤釣りなどに向く。…

【引縄】より

…漁具が簡単で,大型船も必要としない。欧米ではスポーツフィッシングとしての引縄が盛んだが,近年,日本でもトローリングという名とともに普及しつつある。【清水 誠】。…

※「トローリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トローリングの関連キーワード漕手走らす走らせる筆を走らせるインサイドキックゆっくり滑りゆっくりおダイエットゆっくりちゃん透明氷ジョッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トローリングの関連情報