コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トールマン トールマン Tolman, Edward C(hace)

3件 の用語解説(トールマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トールマン
トールマン
Tolman, Edward C(hace)

[生]1886.4.14. マサチューセッツ,ウェストニュートン
[没]1959.11.19. カリフォルニアバークリー
アメリカの心理学者。カリフォルニア大学教授。 J.B.ワトソンの分子的行動主義の限界を指摘し,行動は全体的な目標志向的反応であり,認知過程によって導かれるとし,目的論的全体的行動主義を主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

トールマン

2012年製作のアメリカ映画。原題《The Tall Man》。監督:パスカルロジェ、出演:ジェシカビール、ジョデル・フェルランド、スティーヴン・マクハティほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トールマン
とーるまん
Edward Chase Tolman
(1886―1959)

アメリカの心理学者。マサチューセッツ州生まれる。マサチューセッツ工科大学卒業。カリフォルニア大学を中心に、ネズミを用いた実験で比較心理学、行動理論に独自の業績を残した。行動を反射などの微視的単位に分解するJ・B・ワトソン行動主義に対し、巨視的単位の行動の手段‐目標関係を重視した。これを扱ううえに、環境刺激、生理的要求、遺伝、以前の学習などの独立変数と、行動の方向、固執度、熟達度などの従属変数との間に、直接観察しえないが、これらの変数から間接に規定され、各変数を結び付ける仲介変数intervening variablesを構成した。C・L・ハル、スキナーとともに新行動主義者に加えられるが、彼らの反応説に対して認知説を代表する。主著『Purposive behavior in animals and men』(1932年、邦訳『新行動主義心理学』)がある。[小川 隆]
『富田達彦訳『新行動主義心理学――動物と人間における目的的行動』(1977・清水弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トールマンの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トールマンの関連情報