トールン族(独竜族)(読み)トールンぞく(英語表記)Dú lóng zú

世界大百科事典 第2版の解説

トールンぞく【トールン族(独竜族) Dú lóng zú】

中国の少数民族の一つ。おもに雲南省北西部の貢山トールン族ヌー(怒)族自治県の独竜河谷に居住する。トールンは自称である。人口は約5800(1990)。トールン語はチベット・ビルマ語系に属し,貢山に居住するヌー族の言語に近いといわれる。文字は無く,木刻,結縄によってその意志を伝達したという。漢籍史料には〈俅人〉〈俅人〉等の名称であらわれる。その歴史について詳細は不明だが,唐代は南詔国に,宋代は大理国に服属していたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android