コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トールン族(独竜族) トールンぞくDú lóng zú

1件 の用語解説(トールン族(独竜族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トールンぞく【トールン族(独竜族) Dú lóng zú】

中国の少数民族の一つ。おもに雲南省北西部の貢山トールンヌー(怒)族自治県の独竜河谷に居住する。トールンは自称である。人口は約5800(1990)。トールン語はチベットビルマ語系に属し,貢山に居住するヌー族の言語に近いといわれる。文字は無く,木刻,結縄によってその意志を伝達したという。漢籍史料には〈俅人〉〈俅人〉等の名称であらわれる。その歴史について詳細は不明だが,唐代は南詔国に,宋代は大理国に服属していたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone