コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リス族 リスぞくLi-su

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リス族
リスぞく
Li-su

中国南西部の雲南省を中心にミャンマー,タイにかけて分布する山地民族。リソウ,リショウ,ヨーインなどともいう。中国領内の人口約 61万 (1990) 。雲南では西部に密集し,ヌーチヤンリス族自治州がある。言語はチベット=ビルマ語族に属する。焼畑農業を営み,陸稲,とうもろこし,大麦,きび,けしなどを栽培するが,地域によっては水稲耕作も発達している。狩猟も盛んに行われる。怒江上流域のリス族は勇猛で知られ,漢民族の支配に容易に服しなかったが,南方のリス族は漢民族の影響が著しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リス族【リスぞく】

中国,雲南省北西部の山岳地帯の怒江リス族自治州(1954年成立)などに主に居住する民族。怒江はサルウィン川の上流。言語はチベット・ビルマ語イ語派。タイやビルマにも居住する。
→関連項目雲南[省]ゴールデン・トライアングルトールン(独竜)族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

リス族の関連情報