コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ト書 トがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ト書
トがき

脚本のなかで,舞台の説明,人物の動きなどの指定書をいう。幕や場の最初に舞台の情景の説明があるが,これを「舞台書」という。江戸の歌舞伎では「本舞台三間 (さんげん) の間」,上方では「造り物正面」と書出す形式が一定していた。これに対して,せりふとせりふの間に「,泣く」とか,「ト,思い入れ」というふうに,多くの場合「ト」の字をつけて動作の説明が記された。これがト書である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

と‐がき【ト書(き)】

脚本で、登場人物出入り・動き、場面の状況や照明・音楽・効果などの指定をせりふの間に書き入れたもの。歌舞伎脚本で、「ト思入れあって…」などと「ト」を用いたところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ト書
とがき

演劇脚本用語。台詞(せりふ)以外に登場人物の出入り、動き、心理、状況や照明、音楽、効果などの演出的要素を指定して書いた部分をいう。歌舞伎(かぶき)脚本で「ト思入(おもいい)れあって」というように、かならず頭にトと書いたのが名称の始まり。なお、竹本では、と立出(たちい)ずれば、のように単純な動きだけを表現したものを「ト書浄瑠璃(じょうるり)」とよび、近代劇では、舞台装置や場面の状況を指定した部分を「舞台書」とよぶことがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ト書の関連キーワードロー(Nicholas Rowe)ヤコブ(イエスの兄弟)インターネット書店復活(キリスト教)コリント人への手紙イエス・キリストオンライン書店歌舞伎の用語リアル書店ラファエルカテキズムネット書店パラダイスエフェソス遡及書誌舞台効果新刊書誌義太夫節使徒信条死海文書

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ト書の関連情報