コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクターイエロー どくたーいえろー

3件 の用語解説(ドクターイエローの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクターイエロー
どくたーいえろー

新幹線設備の適切な継続管理のための検査車両。正式名称は新幹線電気軌道総合試験車。車体全面が警戒色の黄色に着色されていることから、ドクターイエローの愛称でよばれる。東海道新幹線山陽新幹線の区間を、実際の営業列車とほぼ同じ条件でおよそ10日ごとに走らせ、動的な状態における電気関係や軌道関係の設備の異常や不正を調べ、乗り心地の状態などを確認する。おもな検査項目は、電気関係では(1)トロリ線(パンタグラフを通じて電車へ電力を供給する電線)、(2)架線電圧、電流、(3)信号、(4)通信(列車無線雑音や電界強度ほか)などの異常で、それぞれの電線の摩耗や腐食などを点検する。軌道関係では、(1)軌間(左右レール間の距離)、(2)左右のレールの高低、(3)通り(水平方向のずれ)、(4)左右のレールの平面性、(5)列車の動揺などの箇所に関し、軌道の変位によって生じるさまざまな狂いを検測する。
 試験車による検査は、電気関係と軌道関係でそれぞれ別の専用試験車両が用いられるのが一般的で、東海道新幹線も開通当初の1964年(昭和39)に導入されていた試験車は、軌道用と電気用が分かれていた。これらの試験車は車体が黄色で、ドクターイエローの初代である。その後、1編成で電気と軌道両方の検査ができるT2編成(922-10号車)が投入される。これは山陽新幹線博多駅開業を翌年に控えた1974年のことで、検測距離の延伸にあわせ、保守の効率をあげるために導入された。2014年(平成26)時点では、2001年に導入された700系の営業列車と同等の時速270キロメートル走行に対応したT4編成が運用されており、JR西日本の区間では同等のT5編成が稼働している。また、東北新幹線と上越新幹線および山形・秋田・北陸(長野)新幹線においても開業時からドクターイエローが試験車として運行されてきたが、2003年にミニ新幹線区間を含むJR東日本の新幹線全区間に対応でき、時速275キロメートルで検測ができる白い車体のE926電気軌道総合試験車East-i(イーストアイ)と入れ替わった。
 2014年7月には東海道新幹線の開業50周年を記念し、現行T4編成のドクターイエロー内部が初めて一般に公開された。ドクターイエローは走行回数が少なく、そのスケジュールが公開されていないため、珍しい車両として鉄道ファンに人気がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ドクターイエロー

東海道・山陽新幹線を走行する電気軌道総合試験車の通称。新幹線の設備検査や計測などに使用される。名称は黄色の車体から。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ドクターイエロー

東海道新幹線の軌道点検車両の愛称で、黄色い車体が特徴。正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」。同新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するために開発された。同車両は10日に1回程度のペースで東京~博多間を往復しているが、運行ダイヤが公開されていないため、独自のダイヤ予測を公開するサイトブログが多数開設されている。「見ると幸福になる」という噂があるなど、「幻の車両」として人気が高く、JR東海によって関連グッズも販売されている。2014年7月26日、同社は新幹線開業50周年の記念事業として、JR東海の浜松工場(浜松市)で、同車両の社内を初めて一般公開した。

(2014-7-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドクターイエローの関連情報