コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクムギ(毒麦) ドクムギLolium temulentum; darnel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクムギ(毒麦)
ドクムギ
Lolium temulentum; darnel

イネ科の一年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本各地の畑地に広まった。高さ 50~150cmにもなり,表面のざらついた葉をつける。5月頃に長い穂を出し,小穂はややまばらに左右に交互に並ぶ。穎果があるが,この毒をリウマチなどの痛みを麻痺させるために薬用に使う場合がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドクムギ【ドクムギ(毒麦) (annual) darnel】

ヨーロッパ原産のイネ科の帰化植物で,麦畑や道端等にみられる一年草(イラスト)。ゆるい株立ちとなり,全体コムギに似てより細い。茎は高さ60~90cm,葉は線形で長さ15~25cm,幅6mmくらい,軟らかい草質である。花は5月。線形の穂を出し,中軸の両側に小穂が間をおいて互生する。小穂は長さ約2cm,5~7個の小花をつけ,ただ1個の苞穎(ほうえい)は小穂より長く長さ2.5cmである。ドクムギが牧草に混入すると家畜が中毒を起こすことがあるので毒麦というが,実際にはドクムギ自体に毒素があるのではなく,テムリンtemulenという有毒アルカロイドを産出する菌Endoconidium temulentum Prill.et Delacr.の寄生によるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドクムギ(毒麦)の言及

【麦】より

…タデ科で,子実が麦と同じように利用されるソバも,漢字表現としては〈蕎麦〉を用い,麦の仲間と意識されている。さらに麦と植物体(茎葉)の似たイネ科植物に対しても,イヌムギ,ネズミムギ,ホソムギ,ドクムギ,エゾムギ,ハマムギなどの麦との類似を表示した名がつけられる。 栽培の麦類は重要な作物で,全世界人口の半数が食糧としている。…

※「ドクムギ(毒麦)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android