ドットマップ(英語表記)dot map

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点 (ドット) を地図上にちらばらせて統計量分布を表わした統計地図点描図ともいう。ドットは単位統計を示し,統計区ごとにそこの統計量を示すのドットを描画する。統計区ごとにそのなかにほぼ等間隔にドットを描く方法と,人口図などで集落位置に集中的にドットを描き,統計区内でも粗密さを変化させる方法とがある。後者を特に絶対分布図という。統計量の量の範囲に応じて,単位統計量と作図するドットの大きさを決めるための計算図表ができている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (dot map) 点や円の粗密・大小で単位地域での数量を表わすことによって、人口や産物などの分布を示す地図。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android