コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドナウ派 ドナウはDonauschule; Danube school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドナウ派
ドナウは
Donauschule; Danube school

16世紀前半ドイツ南部のドナウ川流域地方に流布した絵画の一流派。いきいきとした色彩と光の効果に基づくロマン主義的で雰囲気に富む風景表現および劇的な人物表現を特色とする。この流派の中心画家はレーゲンスブルクの A.アルトドルファー,若き日の L.クラナハ (父) ,W.フーバーら。作品はアルトドルファーの『レーゲンスブルク近郊のドナウ風景』 (1532頃,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドナウは【ドナウ派 Donauschule】

南ドイツ,バイエルンのレーゲンスブルク,パッサウからウィーンに至るドナウ河畔で16世紀前半に活動した一群の画家をさす。アルトドルファー,フーバーWolf Huber(1485‐1553),フリューアウフ(子)Rueland Frueauf,初期のL.クラーナハなどが中心で,その他ヒルシュフォーゲルAugustin Hirschvogel,ラウテンザックHans Sebald Lautensackなどの版画家もあげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドナウ派
どなうは
Donauschule

16世紀前半におけるドイツ絵画の一流派。南ドイツのドナウ川流域地方を中心とする。ドナウ派のロマンチシズムといわれるこの派の共通した表現は、森林の多いこの地方の神秘的、浪漫(ろうまん)的な風景の中に、自然と人間との交感をドラマチックに描くのが特色である。代表的な画家としてはアルトドルファーおよびフーバーWolf Huber(1485―1553)があげられる。パッサウの画家フーバーには、代表作としてオーストリアのフェルトキルヒ教区教会の祭壇画『キリスト哀悼』や、『エジプトへの逃亡』(ベルリン絵画館)がある。初期のクラナハ(大)および初期のブロイ(大)Jrg Breu(1475ころ―1537)にもこの派の影響が認められる。アウクスブルクの画家ブロイの代表作はツウェットル聖堂の「ベルンハルトの祭壇」である。版画ではニュルンベルクに生まれウィーンで死去したヒルシュフォーゲルAugustin Hirschvogel(1503―53)がいる。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドナウ派の言及

【アルトドルファー】より

…初期の作品は,自然や人物の描写にクラーナハあるいはデューラーの影響がうかがえる。彼はドナウ派の中心的な画家で,草創期の風景画芸術の発展に果たした役割はきわめて大きい。《ドナウウェルトの眺め》(《城のある風景》,1528ころ)は,人物を含まない純粋な油彩風景画としてはヨーロッパ最初の例とされ,そこには自然そのものに対する感情のめざめが見てとれる。…

【ドイツ美術】より

…このうちバルドゥングはグリューネワルトの色彩からも感化を受けながらも,後者の色彩の魔術へはいたりえなかった。しかし同じころドナウ川の沿岸で活躍した画家たち(ドナウ派)のうちアルトドルファーの画面には,グリューネワルトを思わせる色彩の固有な表現価値が生かされ,画期的な自然風景の描写をみせている。神話や聖書の女性を妖艶に描いたクラーナハも,その初期はドナウ派の一人であった。…

※「ドナウ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドナウ派の関連キーワードブルクマイアバルドゥングドイツ美術

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android