コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニャーナ国立公園 ドニャーナこくりつこうえんDoñana National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドニャーナ国立公園
ドニャーナこくりつこうえん
Doñana National Park

スペイン南西部,アンダルシア地方にあるスペイン最大規模の国立公園。 1969年指定。面積 507km2。大西洋に面する海浜と砂丘地帯,地中海性気候の森林と丘陵地帯,グアダルキビル川水系の湿地帯からなるため,多種多様な動植物の宝庫となっている。コルクガシやマツが優勢な森林地帯は「ドニャーナの鳥小屋」と呼ばれるほど多くの鳥類が営巣する。湖沼地帯は冬季でも気温が8℃以上あるため,毎年 50万羽以上の水鳥の越冬地となっている。野生動物では絶滅の危機に瀕しているイベリアオオヤマネコをはじめファロージカジェネット,野生のウマなどのほか貴重な爬虫類も生息する。周辺地域の経済利益を優先させた政策により園内の生態系のバランスが崩れ,保護の重要性が訴えられた。 1994年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドニャーナ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ドニャーナ国立公園】

Doñana》スペイン、アンダルシア地方を流れるグアダルキビル川三角州に広がる国立公園。面積は約543平方キロメートルでスペイン最大。砂地湿原、森林など多様な環境を有し、野生生物の宝庫となっている。1994年に世界遺産(自然遺産)に登録され、2005年登録範囲が拡大された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドニャーナ国立公園【ドニャーナこくりつこうえん】

スペイン南西部の大西洋に注ぐグアダルキビル川河口に広がる国立公園。ヨーロッパでも最大級の自然保護区で砂地,湿地地中海性気候森林の3つの生態系が存在し,ラムサール条約の登録地にもなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

ドニャーナこくりつこうえん【ドニャーナ国立公園】

1994年に登録、2005年に登録内容が変更されたスペインの世界遺産(自然遺産)。同国南部、アンダルシア地方の南から南西部にあるウエルバ県、セビリャ県、カディス県にまたがる国立公園である。アンダルシア地方を流れるグアダルキビル川河口の三角州に位置し、面積507.2km2、スペイン最大規模の国立公園である。公園内には湿原地帯、沼地のほか、ラグーン(潟湖(せきこ))やサンゴ礁、砂丘地帯、コルクの木やオリーブの木の雑木林など多様な自然環境が残り、ヨーロッパの野生動物の最後の楽園といわれるほど、手つかずの豊かな生物相が残されている。この湿地やラグーンは、カモ、フラミンゴなどを中心とした50万羽以上の水鳥たちが訪れる越冬地で、アナウサギ、イベリアオオヤマネコ、マングース、カタジロワシなどが生息している。ここはヨーロッパ最大級の自然保護区になっており、生物圏保護区(ユネスコの「人間と生物圏(MAB)計画」による指定保護区)やラムサール条約湿地にもなっている。◇英名はDoñana National Park

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

ドニャーナ国立公園の関連キーワードサンルーカルデバラメダグアダルキビル[川]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android