コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニャーナ国立公園 ドニャーナこくりつこうえん Doñana National Park

4件 の用語解説(ドニャーナ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドニャーナ国立公園
ドニャーナこくりつこうえん
Doñana National Park

スペイン南西部,アンダルシア地方にあるスペイン最大規模の国立公園。 1969年指定。面積 507km2大西洋に面する海浜と砂丘地帯,地中海性気候の森林と丘陵地帯,グアダルキビル川水系の湿地帯からなるため,多種多様動植物の宝庫となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドニャーナ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ドニャーナ国立公園】

Doñana》スペイン、アンダルシア地方を流れるグアダルキビル川の三角州に広がる国立公園。面積は約543平方キロメートルでスペイン最大。砂地や湿原、森林など多様な環境を有し、野生生物の宝庫となっている。1994年に世界遺産自然遺産)に登録され、2005年登録範囲が拡大された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドニャーナ国立公園【ドニャーナこくりつこうえん】

スペイン南西部の大西洋に注ぐグアダルキビル川河口に広がる国立公園。ヨーロッパでも最大級の自然保護区で砂地,湿地,地中海性気候森林の3つの生態系が存在し,ラムサール条約の登録地にもなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ドニャーナこくりつこうえん【ドニャーナ国立公園】

1994年に登録、2005年に登録内容が変更されたスペインの世界遺産(自然遺産)。同国南部、アンダルシア地方の南から南西部にあるウエルバ県セビリャ県、カディス県にまたがる国立公園である。アンダルシア地方を流れるグアダルキビル川河口の三角州に位置し、面積507.2km2、スペイン最大規模の国立公園である。公園内には湿原地帯、沼地のほか、ラグーン(潟湖(せきこ))やサンゴ礁、砂丘地帯、コルクの木やオリーブの木雑木林など多様な自然環境が残り、ヨーロッパの野生動物の最後の楽園といわれるほど、手つかずの豊かな生物相が残されている。この湿地やラグーンは、カモ、フラミンゴなどを中心とした50万羽以上の水鳥たちが訪れる越冬地で、アナウサギ、イベリアオオヤマネコ、マングース、カタジロワシなどが生息している。ここはヨーロッパ最大級の自然保護区になっており、生物圏保護区ユネスコの「人間と生物圏(MAB)計画」による指定保護区)やラムサール条約湿地にもなっている。◇英名はDoñana National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドニャーナ国立公園の関連キーワードハロン湾ブトリントシミエン国立公園アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉バムとその文化的景観ローマ帝国の国境線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone