コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドマ Jean Domat

2件 の用語解説(ドマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドマ【Jean Domat】

1625‐96
フランス最大の法学者の一人。法曹の家系に生まれ,ブールジュ大学に学び,弁護士を経て,1655年以降30年間,生地クレルモン・フェランの上座裁判所検事を務めた。同郷のB.パスカルとは生涯の親友で,ともにジャンセニスムの信仰擁護のために闘い,その最期には個人的書類を託されてもいる。彼の独創性は,ローマ法の諸原則を宗教的諸原理(神の愛)と時代の必要(隣人愛)の観点から,すなわち自然法的・合理的秩序に従って再構成したことにあり,この仕事がルイ14世に認められ,85年以降パリ近郊ポール・ロアイヤル修道院の隠士として著作に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドマ
どま
Jean Domat
(1625―1696)

フランスの法学者。クレルモン・フェラン生まれ。クレルモン・フェラン上座裁判所の検事を務めた。哲学者パスカルの友人であり、その合理主義哲学の影響を受けた。主著『自然の秩序における民法』Les lois civiles dans leur ordre naturel(1689~1694)は、合理主義哲学に立脚し、幾何学的方法によりローマ法を解説し、錯雑していたフランス法を省察した名著で、後のフランス民法典に多大の影響を与えた。[野村敬造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドマの関連キーワードカバニス杉山直治郎ベッカリーアラブレーカントロビチTF1石崎政一郎矢代操山本桂一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドマの関連情報