コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライアイ どらいあい

10件 の用語解説(ドライアイの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドライアイ

VDT障害のひとつ。ディスプレイを凝視することで、まばたきの回数が減り、目が乾燥して起こる疲労や痛み、充血などの障害のこと。対策としては「まばたきを多くする」「適度に休憩をとる」「目薬をさす」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ドライアイ

涙の量の低下や質の異常によって、目の表面に障害をきたす状態。シェーグレン症候群や天疱瘡など、いわゆる乾燥性角結膜炎は典型的な疾患。しかし近年、コンピューターなどのディスプレー作業による涙の減少が問題で、多くは眼精疲労を訴える。その原因として、モニターが目の高さより高い位置にあると、目が大きく見開いたままの状態になって瞬きの頻度が少なくなる、などが考えられる。ドライアイになると、コンタクトレンズによる障害が起きやすくなる。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドライ‐アイ(dry eye)

涙液の減少や乾燥により、眼球の表面の状態が悪くなる病気。目が疲れやすい、目がごろごろして痛む、まぶしくて目が開けられないなど、さまざまな症状がある。高齢者に多い疾患であったが、パソコン画面を見続けて瞬きが減る、エアコンの効いた乾燥した部屋で長時間過ごす、コンタクトレンズの使用で涙液の蒸発量が増えて目が乾燥するなどの複合的な原因で若年層でも発症することが多くなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドライアイ

涙の量が少なくなったり,涙に異常がある状態をいう。目の疲れ,充血,痛み,異物感などがある。コンピューター画面などを長時間見つめているため,まばたきの回数が減り,また,エアコンなどで空気が乾燥し,涙が乾きやすくなっているのが原因といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

レーシック関連用語集の解説

ドライアイ

様々な原因によって涙の量が少なくなったり、本来もっている涙の働きが悪くなったりすることによって、眼の乾きや、異物感を感じる症状です。その結 果、目の表面に傷ができてしまうこともあります。ドライアイが続くと、目が痛くなったり、疲れたり、まばたきがふえたり、白目が充血したりすることになり ます。

出典|レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

どらいあい【ドライアイ Dry Eye】

[どんな病気か]
 涙の分泌量(ぶんぴつりょう)が少ないために、眼球(がんきゅう)の表面が乾燥して結膜(けつまく)が充血したり、角膜(かくまく)に傷がついたりするものです。またVDT作業(パソコンなどを用いての作業)が増えているため、目の疲れとして感じる人も多いようです。
[検査と診断]
 一定時間内の涙液(るいえき)の分泌量を調べます。またその結果、ドライアイと診断された場合、角膜に傷がついていないかどうかを確認します。
[治療]
 人工涙液を点眼したり、涙液の蒸発を防ぐため、保護めがねを使用します。
 日常生活の注意としては、乾燥した風に直接当たらないようにすることや、パソコンの画面をやや下方に置くことなどを心がけます。
 目の乾燥感が強い場合には、なるべく意識して、まばたきの回数を増やすようにします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

IT用語がわかる辞典の解説

ドライアイ【dry eye】

VDT症候群のひとつ。涙液が減少し、眼球の表面が乾燥する目の疾患。コンピューターのディスプレーを長時間凝視することで、まばたきの回数が減ることが主な原因とされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドライアイ【dry eye】

涙液の減少による目の乾燥。目の痛み・かゆみ・充血などの症状を呈し、視力の低下をもたらすこともある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライアイ
ドライアイ

涙の量が減り,目の表面が乾く病気。目の疲れや痛み,異物感,充血,かゆみなどを訴え,角膜,結膜の損傷などを生じ,視力低下にもつながる。はっきりした原因はまだわからないが,エアコンの普及によって室内が乾燥し,涙が蒸発しやすくなったことや,パソコン作業をする人にも多いことから,コンピュータ画面を長時間見つめ,まばたきを少くしていることも原因の一つとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドライアイ
どらいあい
dry eye

涙の減少・変化によって、目の表面、角膜や結膜の健康が損なわれる疾患。平易にいえば「目が乾く」だが、その病態は複雑である。涙の分泌が減って涙が不足する、涙の蒸発が増えて目が乾く、涙の安定性が悪くなる、などがある。これらにより、角膜や結膜の表面がいわば肌荒れのような状態となり、目の不快感、疲れなどの症状が現れる。また、その痛みや刺激により反射性の涙が出てしまう「ウェットタイプのドライアイ」もドライアイのひとつである。
 ドライアイは、先進国では急激に増えている現代病であり、日本でも推計患者数は2200万人にのぼるという調査データがある。2007年には、日米を中心に世界各国の医師や研究者が集まり世界ドライアイワークショップが開催され、ドライアイの世界診断基準が定められた。[坪田一男]

症状

なんとなく目に違和感がある、目が疲れる、というような不定愁訴としてあらわれる。目がゴロゴロする、目が重い、目がショボショボする、目が熱をもったような感じ、目が開きづらい、目がしみる、ヒリヒリする、などのほか、目の充血、白っぽい目やにが出る、朝に目が開かない、午後になると目がかすむ、視力はいい(あるいはきちんと矯正している)のになんとなく見づらい、など。悪化してくると、目の表面が痛い、目が開けていられない、などから、頭が痛い、頭が重い、肩が凝る、気分が悪いなどの全身症状に発展する場合もある。[坪田一男]

原因

原因は複合的と考えられている。涙そのものの減少のほか、涙が乾きやすい環境的要因も大きい。パソコンやテレビ、携帯電話の画面などのモニターを見続ける生活により、まばたきが減少して涙の分泌・配分が減り、蒸発が増える。冷暖房などの空調により室内が乾燥する、といった要因である。
 涙の分泌は、副交感神経(リラックスしたときに働きが亢進する)に支配されており、交感神経(緊張時に働きが亢進する)の優位時には減少する。近年、コンタクトレンズ使用者の増加に伴い、コンタクトレンズの長時間・長期使用により、ドライアイを発症する例や、レーシックなどの目の手術後にドライアイを発症する例、加齢にともなう涙量の減少や安定性の低下などが報告されている。また、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患や、スティーブンス-ジョンソン症候群などの病気により涙がほとんど出ない重篤なドライアイもある。[坪田一男]

診断と治療

涙の量をはかるシルマーテストを行ったり、涙の安定性、目の表面の角膜や結膜の状態を検査し診断したうえで、適確な治療により改善が可能である。保湿のためのヒアルロン酸点眼、涙の排水口である涙点を塞いで涙をためる涙点プラグ治療が保険適応となっているほか、温熱療法、モイスチャーエイド(保護メガネ)、重症例には自己血清を用いた血清点眼の治療などがある。
 日常生活でも、まばたきを意識的に増やす、モニター画面を下に見下ろすようにする、パソコン作業の合間にほかの作業を交えるなど、目を乾かさない工夫が大切である。
 ドライアイは、現代社会においてクオリティ・オブ・ライフquality of life=QOL(生活の質)を著しく低下させる疾患として注意が必要である。将来的には、涙の代用となる薬剤の開発や、涙の分泌そのものを増やす治療、涙腺の再生医療などが期待されている。[坪田一男]
『坪田一男著『10秒間まばたきせずにいられますか?――ドライアイの最新治療とアンチエイジングアプローチ』(2008・日本評論社) ▽坪田一男著『涙のチカラ――涙は7マイクロリットルの海』(2008・技術評論社) ▽小口芳久監修・坪田一男編集『Ocular Surfaceの診断と治療――ドライアイ』(1993・メディカル葵出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライアイの関連キーワード外分泌内分泌分泌組織分泌腺分泌物分泌液分泌神経異型分泌下垂体性巨人症酸分泌量

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドライアイの関連情報