コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なみだtears

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


なみだ
tears

涙腺から分泌される透明な液体。角膜結膜を潤し,その乾燥を防ぎ,異物を洗い流す効果をもつ。またリゾチームという殺菌酵素をもち,いわば眼球表面の洗浄液としての役割を果す。さらに血管をもたない角膜に栄養を運んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なだ【涙】

なみだ。江戸時代、奴(やっこ)などの間で用いられた語。
「心中がうれしくて、うら、―がこぼるる」〈浄・加増曽我〉

なみだ【涙/×涕/×泪】

涙腺(るいせん)から分泌される液体。眼球をうるおし、異物を洗い流す作用がある。刺激や感動で分泌が盛んになる。「―がこぼれる」「―を浮かべる」
涙を流すこと。泣くこと。「聞くも―、語るも―」「―をこらえる」「―をさそう話」
人間らしい思いやり。人情。情愛。同情心。「血も―もない」
(接頭語的に)名詞に冠して、ほんの少しの意を表す。「―金」
[下接語]有り難(がた)涙嬉(うれ)し涙おろおろ涙忝(かたじけ)涙悔し涙・忍び涙・空(そら)涙溜(た)め涙血の涙共涙泣きの涙貰(もら)い涙
[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「涙」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆美しい人が、もっと美しく見える非売品の化粧品。
pinokoさん

◆男がたまに流す涙は、とてもカッコよく見える。その一粒で、時には、惚れてしまうこともある。
つまじさん

◆男にとっては負けを決定づけるもの。女にとっては勝ちを決定づけるもの。
フーバーさん

◆心という器から溢れ出てしまった感情の雫。
ユキト-jerkzさん

◆ストレスを体外に排出する手段。
しくしくおいおいさん

◆生まれた瞬間に流すもの。死んだ瞬間に流されるもの。
かな君さん

◆喜び、怒り、悲しみ、恐怖どんな感情にも少しだけ和らげることのできる万能薬。
あきよちゃんさん

◆感情を溶かし込む、特別な雫。強くなりすぎた感情が溶けて、流れだし、感情の平衡を保つ。
みぎしたさん

◆映画の評価を示すバロメーター。これさえ出れば良い映画とされる。
タクラさん

2014年1月31日放送「笑っていいとも!」の優秀作品

◆溢れる感情の結晶。
木下優樹菜さん

◆子供は自分のために大人は他人のために流す、感情のリセットボタン。
タモリさん

◆泣いた分だけ優しくなれる、幸せへの種。
草彅剛さん

なんだ【涙】

なみだ」の音変化。
「熱い―は思わず知らず流れ落ちて」〈藤村破戒

るい【涙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]なみだ
〈ルイ〉なみだ。「涙腺暗涙感涙血涙催涙声涙熱涙落涙
〈なみだ〉「涙雨涙声空涙
[補説]「泪」は異体字

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

涙【なみだ】

涙腺から分泌される液。ヒトに特有のもので,他の動物は涙を流さない。その組成は約98%は水で,少量のタンパク質アルブミングロブリン,リゾチーム),食塩リン酸塩などを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のポピュラー音楽。歌はJ-POPグループ、風味堂のボーカル、渡 watary。2011年発売のアルバム「a diary」に収録。作詞・作曲:渡和久。NTTドコモのCMに起用。

1956年公開の日本映画。監督:川頭義郎、脚本:楠田芳子。出演:若尾文子、明石潮、佐田啓二、石浜朗、末永功、村上記代、本橋和子ほか。第7回ブルーリボン賞新人賞(川頭義郎)受賞。

日本のポピュラー音楽。歌と作詞作曲はJ-POPグループ、ケツメイシ。2004年発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なみだ【涙 tear】

眼球表面および結膜囊内に分泌される無色透明の体液。医学的には涙液という。涙の分泌と排出にかかわる器官涙器lacrimal organといい,涙腺と涙道から構成される。涙腺lacrimal glandは,爬虫類以上の動物にみられる涙を分泌する器官で,ヒトでは上瞼挙筋の腱によって二分され,眼窩(がんか)部と眼瞼部からなる重量約1gの主涙腺と,クラウゼ腺,ウォルフリング腺からなる副涙腺とがある。主涙腺は上円蓋耳側部に開口し,また,クラウゼ腺は上下円蓋部結膜に,ウォルフリング腺は瞼板結膜におのおの開口している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なだ【涙】

なみだ。近世、奴やつこなどが用いた語。 「心中が嬉しくて、うら、-がこぼるると/浄瑠璃・加増曽我」

なんだ【涙】

「なみだ(涙)」の転。 「 -満面に流れつ/自然と人生 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


なみだ

結膜嚢(のう)内に生理的に存在する液で、涙腺(るいせん)、副涙腺の分泌液に、結膜杯細胞、マイボーム腺ならびに眼瞼縁(がんけんえん)の皮脂腺の分泌液などが混じったものである。涙は結膜や角膜の乾燥を防ぎ、角膜を覆って微細な角膜面の凹凸を平らにし、光の屈折を正しくする光学的一要素ともなる一方、潤んだ目や輝く目など、感情的、美容的役割も演じている。このように基本的な生理的分泌と、精神的あるいは異物の粘膜刺激などによる反射的分泌がある。涙液量は性や年齢によって変動し、若い人は多く、女性が男性より多いとされる。比重は1.0129で、ややアルカリ性である。諸電解質、ブドウ糖、タンパク質、ムコ多糖、脂質などを含む。なかでもリゾチームは殺菌作用のあることが知られている。涙の分泌速度の測定には通常シルマー法が用いられる。これは、幅0.5センチメートル、長さ3.5センチメートルの濾紙(ろし)の一端を結膜嚢に挿入し、5分間で濡(ぬ)れた長さを測定するものである。正常人では10ミリメートル以上である。
 角膜表面には脂肪層、液層、多糖類層の3層が並び、脂肪層は涙液の蒸発を防ぎ、角膜の乾燥を防ぐ。この層が消失すると蒸発率は20倍になるという。涙の分泌量の減少する疾患がある。これは角・結膜炎をおこし、ときに重篤になる。リゾチームの欠乏が特異的で、涙腺組織に対する一種の自己免疫疾患と考えられている。40歳以上の女性に多い。口内乾燥や関節リウマチを合併したものは、シェーグレン症候群とよばれる。治療としては人工涙液を用いたり、結膜嚢からの涙の流出を防止する方法が用いられる。
 近年増加しているドライアイは、涙液分泌減少や、関連する生活環境の変化、コンピュータ作業の日常化、コンタクトレンズ装用者の増加、高齢化など多種多様な要因が加わり、眼球表面が乾燥傾向となり、いろいろな角膜・結膜障害をもたらしたり、不定愁訴の原因となっている。[岩田和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【角膜】より

…角膜が透明であるために必須の細胞である。角膜が透明であるためもう一つ重要なことに涙膜tear filmの存在がある。涙膜はが角膜の表面につくる薄い膜で,表面から油性膜,水様膜,粘液層の3層に分かれ,全体で厚さ4~6μm。…

【結膜】より

…また瞼裂部を入口として,結膜と角膜でつくられる大きなくぼみを結膜囊conjunctival sacという。主涙腺は上方円蓋部に,副涙腺は多くは上方,一部が下方円蓋部に開口し,を分泌する。結膜上皮は重層の扁平および円柱上皮からなり,その内側は結膜実質で結合組織からなる。…

【目∥眼】より

…これがいわゆる〈蒙古ひだ〉すなわち蒙古皺襞(しゆうへき)である。 目は主として眼球と視神経(視束)とからなりたっており,これに眼球付属器官(副眼器)すなわち眼瞼,結膜,涙器,外眼筋などが加わって視器(視覚器)を構成する(図4)。眼球は直径約24mmのほぼ球形をなし,外壁は外・中・内3層の膜からなる。…

※「涙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

涙の関連キーワード鹿児島県鹿児島市南郡元町うろうろ涙目頭を拭う一掬の涙感極まる涙を催す涙に咽ぶ随喜の涙涙を絞る涙交じり蚊の涙貰い涙鼻涙管嬉し涙涙小管火山涙結膜嚢ティア涙鼻管有難涙

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涙の関連情報