コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラッグデザイン ドラッグデザイン drug design

3件 の用語解説(ドラッグデザインの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドラッグ‐デザイン(drug design)

医薬品開発の一つの方法。既知の化学物質の構造と薬理作用の関係に関する知識をもとに、その構造の一部を改変して新しい効果をもつ物質を開発する方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドラッグデザイン【drug design】

できるかぎり合理的根拠により新薬を設計しようとすること。新薬の開発を試みるとき,単に試行錯誤をくり返したのではたいへんむだが多い。そこで,合成した化合物が期待どおりの薬理作用をもつように設計(デザイン)することが望まれる。これがドラッグデザインである。薬物は人間を含め生体と相互作用して初めて薬理作用を示すので,ドラッグデザインには有機化学,薬理学および生化学をあわせた深い知識と洞察をもつ必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラッグデザイン
どらっぐでざいん
drug design

物質の化学構造に着目、一部をかえることにより、有効な医薬品をつくりだす手法。コンピュータで物質の立体構造を表現することが可能になり、たんぱく工学や合成技術の進歩で実用段階に入った。従来は動植物などの成分を手当り次第に調べ、有効物質をみつけていた。これだと偶然の要素が強く、実用化できる確率は非常に小さいため、開発コスト高くつく。これに対して、ドラッグデザインはウイルスなど病気の原因に直接作用する分子構造を推定して、新薬を一から設計する。開発コストを低くできるほか、自然界にない物質をも医薬品化できる。エイズ薬など欧米ではすでにいくつも成功例が報告されている。[田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラッグデザインの関連キーワード建築家有る限り合理的万策満目見限り世の限り既得権益精一杯命ある限り

ドラッグデザインの関連情報