ドロステ・ヒュルスホフ(読み)どろすてひゅるすほふ(英語表記)Annette von Droste-Hülshoff

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドロステ・ヒュルスホフ」の解説

ドロステ・ヒュルスホフ
どろすてひゅるすほふ
Annette von Droste-Hülshoff
(1797―1848)

ドイツの女流詩人。ウェストファーレンの古い貴族の家に生まれ、読書や知識人との交友で教養を積み、文筆活動に入る。病苦と周囲の無理解に耐え、時流を超える独自の詩作を続け、ボーデン湖畔のメールスブルクで孤独な生涯を閉じた。懐疑と不安に襲われながら、信仰の苦悩を披瀝(ひれき)する死後刊行の宗教詩『宗教の一年』(1851)が代表作。現象の奥に神秘的な力の支配を予感させる自然詩やバラードは、きわめて高い芸術的完成度を示している。故郷の犯罪事件に取材した短編小説『ユダヤ人の橅(ぶな)』(1842)は、犯罪の心理的、社会的要因を克明につく反面、人知を超える魔的な力や神の摂理が暗示され、キリスト教的寛容を訴える作者の敬虔(けいけん)な意図がうかがわれる。

[杉本正哉]

『番匠谷英一訳『ユダヤ人の橅の木』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ドロステ・ヒュルスホフ」の解説

ドロステ・ヒュルスホフ

ドイツの女性詩人。貴族出身。一生独身で過ごし,多くの恋愛詩や抒情詩を書いた。散文《ユダヤ人のブナの木》はカトリック的倫理感と力強い描写力が特色で,近代リアリズムへの道を示している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android