ドロメ

  • Chasmichthys glosus
  • gluttonous goby
  • どろめ / 泥目

百科事典マイペディアの解説

ハゼ科の魚。全長13cmになる。東北地方以南の日本各地〜朝鮮半島に分布。沿岸性で潮溜(しおだまり)で普通に見られ,貪食(どんしょく)で生活力が強い。とくに食用にはされないが,佃煮にすることがある。東京付近では形態,習性ともによく似たアゴハゼなどと区別せずダボハゼと呼ばれ,マハゼ釣りの外道とされる。
→関連項目ダボハゼハゼ(魚類)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する海水魚。口が大きく、左右の腹びれは合して杯(さかずき)状をなす。黒褐色をした体側には白い斑点(はんてん)が散在する。全長13センチメートルに達する。日本および朝鮮半島に分布する。岩礁海岸の潮だまりおよび浅所で単独の底生生活を送る。ダボハゼと俗称されるハゼのなかの一種である。雑食性で、ゴカイ類、小形の甲殻類などの小動物および緑藻類を食べ、貪食(どんしょく)である。春に石の下面に卵塊を産み付け、雄の親魚がそれを守る習性がある。仔魚(しぎょ)は春に海岸近くの浅所で海藻の茂みの間などで群泳する。夏には3センチメートルを超える稚魚へ成長し、底生生活へ入る。食用にはされない。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドロメの関連情報