コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・カンドル ド・カンドル Candolle, Augustin Pyrame de

4件 の用語解説(ド・カンドルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・カンドル
ド・カンドル
Candolle, Augustin Pyrame de

[生]1778.2.4. ジュネーブ
[没]1841.9.9. ジュネーブ
スイスの植物学者。植物の自然分類法を確立した1人として知られる。 1796年パリに行き,G.キュビエ,J.ラマルクと親交を結ぶ。モンペリエ大学植物学教授 (1808~16) 。 1813年『植物学の基礎理論』 Théorie élémentaire de la botaniqueを著わし,植物の分類法に関する理論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ド・カンドル
ド・カンドル
Candolle, Alphonse-Louis-Pierre Pyrame de

[生]1806.10.27. パリ
[没]1893.4.4. ジュネーブ
スイスの植物学者。 A. P.ド・カンドルの息子。ジュネーブ大学教授 (1842~93) 。父が始めた,全種子植物を分類するという仕事を受継いで完成させた。 1867年パリで第1回国際植物学会議が開かれた際,開催のために尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ド・カンドル

スイスの植物学者。パリで植物学を研究し,ラマルクキュビエらと親交。1816年以降はジュネーブに帰り,博物館などの創設に尽力。全世界の高等植物の植物誌の完成をめざした大著《植物界自然分類体系大全》は生前に7巻が出版され,死後残りの10巻を子のアルフォンスAlphonse〔1806-1893〕が中心になってまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・カンドル
どかんどる
Augustin Pyrame de Candolle
(1778―1841)

スイスの植物学者。ジュネーブに生まれる。同地とパリで教育を受け、パリではラマルクやキュビエらと親交し植物学を研究した。1807年フランスモンペリエ植物園長、1808~1816年モンペリエ大学植物学教授を務め、この間、『植物学の階梯(かいてい)的理論』を著した。1816年ジュネーブに帰り、1836年までジュネーブ大学教授。ここでは植物の分類に全力を注ぎ、ジュシューの分類体系を引き継ぎ『植物自然分類序説』を刊行し始めたが、7巻までで没した。この間、多くの新種植物を発見し、後の植物分類学に一つの基礎を与え、また分類学を精密な自然科学へと高めた。
 子のアルフォンスAlphonse Louis Pierre Pyrame de Candolle(1806―1893)は父の未完の『植物自然分類序説』全17巻を完成したほか、植物地理学を研究し、各地の栽培植物の起源を調査して、1883年には名著『栽培植物の起源』を著した。ジュネーブ大学植物学教授を務めた。[鈴木善次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・カンドルの関連キーワードジュネーブ学派ジュネーブ協定ジュネーブ大学ジュネーブ会議ジュネーブ四条約ジュネーブマラソンジュネーブ[湖]《ジュネーブ聖書》ジュネーブ第4条約ジュネーブ4国首脳会談

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone