コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・モルガン ド・モルガン De Morgan, Augustus

2件 の用語解説(ド・モルガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・モルガン
ド・モルガン
De Morgan, Augustus

[生]1806.6.27. マドラス
[没]1871.3.18. ロンドン
イギリスの数学者,論理学者。ケンブリッジ大学に学び,1828年ロンドン大学の数学教授となる。 66年に辞職し,みずから数学協会を創設して初代会長となった。初期の著作に『算術原論』 (1830) があり,すでに数概念などの哲学的取扱いに手をつけている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・モルガン
どもるがん
Augustus De Morgan
(1806―1871)

イギリスの数学者。インドマドゥライに生まれ、幼時に父を失い帰国。ケンブリッジ大学でピーコックGeorge Peacock(1791―1858)に学び、1828年に新設のロンドン大学教授となった。数理論理学における「ド・モルガンの法則」で知られている。当時のイギリスは、ニュートン以来の伝統はありながら、初等数学において後れており、それを基礎づけて初等代数を確立する動きの中心となった。また、論理代数ブールとともに建設した。これらの初等的な代数演算の基礎づけが、19世紀後半のハミルトンケーリーによるイギリス派線形代数建設の土壌となり、それが現代代数学につながった。[森 毅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・モルガンの関連キーワードマドラスマドラス文化ガラス窓マドラーマドラスチェックドラスチックなまどら焼マドラス[州]マドラス管区マドラス博物館

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ド・モルガンの関連情報