コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーハラウンド ドーハラウンドDoha round

1件 の用語解説(ドーハラウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドーハ‐ラウンド(Doha round)

WTO世界貿易機関)による多角的貿易自由化交渉。1994年のウルグアイラウンド合意成立後、2001年にドーハで開催されたWTO第4回閣僚会議で開始が決定。正式名称は「ドーハ開発アジェンダDDA:Doha Development Agenda)」。新ラウンドドーハ開発ラウンド
[補説]交渉分野は、農業・非農産品の関税引き下げ、サービス貿易の自由化、アンチダンピング・補助金協定から、途上国の開発促進や環境関連物品・サービスの自由化まで多岐にわたる。そのため、新興途上国と先進国、輸出国と輸入国など、交渉分野によって各国が複雑に対立し、交渉は難航・長期化している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ドーハラウンドの関連キーワードFTAブームWTO世界貿易機関WTOの紛争解決手続き協定税率報復関税日本の相殺関税発動TRIPS協定ゼロイングマラケシュ協定

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーハラウンドの関連情報