コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウコフスカ Nałkowska, Zofia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナウコフスカ
Nałkowska, Zofia

[生]1884.11.10. ワルシャワ
[没]1954.12.14. ワルシャワ
ポーランドの女流作家。 20世紀のポーランド文学を代表する一人。地理学者で進歩的な社会活動家でもあった父の影響から,若くして社会性に目ざめ,17歳の頃にはすでに雑誌に象徴主義的な詩を発表。まもなく散文に移って,1907年最初の小説『公爵』 Książęで作家としての地位を確立。以後,代表作『境目』 Granica (1935) など,繊細な筆致で女性心理を描いた数多くの作品を書いた。第2次世界大戦直後に発表した短編集『メダリオン』 Medaliony (46) は,透徹した無駄のない散文でみごとにヒトラーの戦争犯罪を告発しえた傑作である。 36年と 53年に国家文学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナウコフスカ【Zofia Nałkowska】

1884‐1954
両大戦間期のポーランドを代表する女性小説家の一人。日本ではナチス・ドイツの蛮行を告発した短編集《メダリオン》(1946)が有名。モダニズム的な心理小説から出発したあと,第1次世界大戦を経験して社会への関心を強め,登場人物の心理を描くことによって同時代の社会風土を克明に照らし出した。おもな作品に《テレサのロマンス》(1924),《限界》(1935)などがある。【西 成彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナウコフスカ
なうこふすか
Zofia Nakowska
(1885―1954)

ポーランドの女流小説家。ドンブロフスカとともに女流として20世紀ポーランドを代表する1人。17歳のころより象徴主義的な詩を発表したが、1907年に最初の小説『公爵』を発表して有名になり、以後女性心理を描いた多くの作品を書いた。代表作に長編『境め』(1935)と、ナチスを告発したヒューマニスティックな短編集『メダリオン』(没後、1964)がある。[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナウコフスカの関連キーワードマリヤ ドンブラフスカ11月10日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android