コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナギ(梛) ナギPodocarpus nagi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナギ(梛)
ナギ
Podocarpus nagi

マキ科の裸子植物。四国,九州の南部から沖縄,台湾にかけて分布する。また庭木として暖地に広く栽植される。高さ 20mにもなる常緑の高木で,年を経ると樹皮がはげ落ちる。針葉樹に属するが,対生する葉は扁平な楕円形で長さ3~8cm,緑色で先端はとがる。多数の平行脈が目立つ。雌雄異株で,雌には球形肉質の種子を生じ,熟するとオリーブのような青紫色を帯びた緑色で,白い粉をかぶっている。イヌマキラカンマキなどと同属の植物であるが,ナギでは花托が赤く肉質にふくらむようなことはない。一名チカラシバともいい,奈良の春日神社の社叢にある純林は有名で天然記念物になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナギ(梛)の関連キーワード梛の木マキ科小郡竹柏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android