コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナコンパトム ナコンパトム Nakhonpathom

2件 の用語解説(ナコンパトムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナコンパトム
ナコンパトム
Nakhonpathom

タイ中部,メコン川デルタにある町。バンコク西方 70kmに位置し,鉄道,道路,運河で結ばれている。ナコンパトム県の県都。豊かな稲作地帯を控え,米,サトウキビ,ゴマ,コプラバナナザボン,ブタなどを集荷し,バンコクヘ送る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナコン‐パトム(Nakhon Pathom)

タイ中西部の都市。首都バンコクの西約60キロメートルに位置する。周囲を平野に囲まれ、稲作が盛ん。紀元前3世紀、インドシナ半島の中で最も早く仏教が伝来。7世紀から12世紀頃まで、モン族のドバーラバティー王国の中心地となった。世界最大の仏塔が建つ仏教寺院、ワットプラパトムチェディがある。ナコーンパトム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナコンパトムの関連キーワードクメール族メコン川デルタメコン地域パパメコンメコンデルタカマウ半島ホー・チ・ミン[市]メコン・デルタ《メコン・デルタの考古学》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナコンパトムの関連情報