コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナコンパトム Nakhon Pathom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナコンパトム
Nakhon Pathom

タイ西部,チャオプラヤー川デルタにある町。バンコク西方 47kmに位置し,鉄道,道路,運河で結ばれている。ナコンパトム県の県都。豊かな稲作地帯を控え,米,サトウキビ,ゴマ,コプラ,バナナ,ザボン,ブタなどを集荷し,バンコクヘ送る。精米も盛ん。ナコンパトムは「仏塔の都」を意味し,アショーカ王が前3世紀に布教僧を派遣した地といわれる。6世紀頃までタイにおける仏教の拠点として栄えた。高さ 116mとタイ最大の仏塔があり,11月の祭礼には多くの信徒が集まる。人口 12万818(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナコン‐パトム(Nakhon Pathom)

タイ中西部の都市。首都バンコクの西約60キロメートルに位置する。周囲を平野に囲まれ、稲作が盛ん。紀元前3世紀、インドシナ半島の中で最も早く仏教が伝来。7世紀から12世紀頃まで、モン族のドバーラバティー王国の中心地となった。世界最大の仏塔が建つ仏教寺院、ワットプラパトムチェディがある。ナコーンパトム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナコンパトムの関連キーワードサンプラーンドバーラバティー文化サナームチャン宮殿ローズガーデンアショーカ王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナコンパトムの関連情報