コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナショナル・ギャラリー[ロンドン] ナショナル・ギャラリー[ロンドン]National Gallery, London

1件 の用語解説(ナショナル・ギャラリー[ロンドン]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナショナル・ギャラリー[ロンドン]
National Gallery, London

ロンドンにあるイギリス国立絵画館。1824年,文化財の国外流出を防ぐ運動を背景に,イギリス議会がアンガースティン・コレクションを買収,保存,展示することを決定し,アンガースティン邸を美術館に改造して成立した。その後ジョージ・ビューモント卿,W.カー,ジョーゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーらの所蔵品の寄贈を受け,1838年にトラファルガー広場のウィリアム・ウィルキンズの設計による新館に移転。イタリア・ルネサンス初期フランドル絵画ドイツ絵画などの最高傑作を含む約 2000点の作品を収蔵し,代表的なものに,ピエロ・デラ・フランチェスカキリストの洗礼』,ヤン・ファン・アイクアルノルフィーニ夫妻の肖像』,ハンスホルバイン『大使たち』などがある。1955年テート・ギャラリーが分離独立し,イギリス美術近代美術の作品が移された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナショナル・ギャラリー[ロンドン]の関連キーワード判形樫原寛人フィロポイメン世界遺産条約世界気象機関YS-11型国産中型旅客機モデュール本田圭佑遠藤五郎丸歩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone