コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツツバキ(夏椿) ナツツバキ Stewartia pseudo-camellia

2件 の用語解説(ナツツバキ(夏椿)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツツバキ(夏椿)
ナツツバキ
Stewartia pseudo-camellia

ツバキ科の落葉高木。北海道を除く日本各地の山中に自生するが,夏に白いツバキに似た花が咲くので観賞用に庭園に栽植される。葉は互生し楕円形で長さ 10cm内外,厚く革質で,鋸歯がある。花は径 5cm内外で平開せず,開花後すぐ落ちる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナツツバキ【ナツツバキ(夏椿) Stewartia pseudo‐camellia Maxim.】

ツバキ科の樹高15mにも達する落葉高木で,6月下旬ツバキに似た白い花を咲かせる。一名シャラノキとも呼ばれるが,これはインド産のサラソウジュと誤認したことによる。釈迦が沙羅の下で死んだので,仏教ではサラソウジュは聖なる木となり,誤認されたナツツバキもしばしば寺院の庭園内に植えられている。幹および枝条はサルスベリに似て,樹肌は平滑で赤色を帯び,古い外皮は剝離する。葉は膜質,倒卵形または楕円形,葉の表は無毛,裏はまばらに圧着する長毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナツツバキ(夏椿)の言及

【サラソウジュ(沙羅双樹)】より

…樹高50~60mになるものが多く,ラワン,メランチmerantiなど有用な木材を産する。なお日本で寺院にサラノキ(シャラノキ)として植栽されるのは,サラソウジュとは全然異なるツバキ科のナツツバキである。【緒方 健】 ところで,仏教における伝説では,釈迦の入滅に際し,その四方に2本ずつ生えていた8本のシャーラ樹のうち,各対のそれぞれ1本が枯れたといい,これを〈四枯四栄〉という。…

※「ナツツバキ(夏椿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナツツバキ(夏椿)の関連キーワードツバキ(椿)モッコク(木斛)イジュ唐椿夏椿姫沙羅姫椿雪椿科の木サカキ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone