コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツツバキ(夏椿) ナツツバキStewartia pseudo-camellia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツツバキ(夏椿)
ナツツバキ
Stewartia pseudo-camellia

ツバキ科の落葉高木。北海道を除く日本各地の山中に自生するが,夏に白いツバキに似た花が咲くので観賞用に庭園に栽植される。葉は互生し楕円形で長さ 10cm内外,厚く革質で,鋸歯がある。花は径 5cm内外で平開せず,開花後すぐ落ちる。花弁は5枚で皺がより,縁に細かい鋸歯がある。萼片,花弁とも背側に白い絹糸状の毛が目立つ。多数あるおしべは浅い円筒状に癒着して単体おしべをつくる。材は緻密でじょうぶなため,樹皮のついたまま床柱とし,また農・工具の柄,ろくろ細工,彫刻材,薪炭材などに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナツツバキ【ナツツバキ(夏椿) Stewartia pseudo‐camellia Maxim.】

ツバキ科の樹高15mにも達する落葉高木で,6月下旬ツバキに似た白い花を咲かせる。一名シャラノキとも呼ばれるが,これはインド産のサラソウジュと誤認したことによる。釈迦が沙羅の下で死んだので,仏教ではサラソウジュは聖なる木となり,誤認されたナツツバキもしばしば寺院の庭園内に植えられている。幹および枝条はサルスベリに似て,樹肌は平滑で赤色を帯び,古い外皮は剝離する。葉は膜質,倒卵形または楕円形,葉の表は無毛,裏はまばらに圧着する長毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナツツバキ(夏椿)の言及

【サラソウジュ(沙羅双樹)】より

…樹高50~60mになるものが多く,ラワン,メランチmerantiなど有用な木材を産する。なお日本で寺院にサラノキ(シャラノキ)として植栽されるのは,サラソウジュとは全然異なるツバキ科のナツツバキである。【緒方 健】 ところで,仏教における伝説では,釈迦の入滅に際し,その四方に2本ずつ生えていた8本のシャーラ樹のうち,各対のそれぞれ1本が枯れたといい,これを〈四枯四栄〉という。…

※「ナツツバキ(夏椿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナツツバキ(夏椿)の関連キーワードツバキ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android