コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツツバキ

2件 の用語解説(ナツツバキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナツツバキ

ツバキ科の落葉高木。本州(福島以南)〜九州の山地にはえる。樹皮は平滑で褐色,古くなると剥離して独特のもようを生じる。葉は楕円形で先がとがる。6〜7月,葉腋に径5cm,白色5弁で,花弁にしわのある花を開く。
→関連項目サラノキシャラノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツツバキ
なつつばき / 夏椿
[学]Stewartia pseudo-camellia Maxim.

ツバキ科の落葉高木。シャラノキ(沙羅樹)ともいうが、サラソウジュ沙羅双樹)の名で利用されることがあり、真正のサラソウジュ(フタバガキ科)と混同されることが多い。樹皮は赤褐色滑らかである。葉は互生して枝先につき、楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル。夏、新枝の葉腋(ようえき)に径約5センチメートルでツバキに似た白色花を1個ずつ開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。雄しべは多数あり、花糸の基部は花弁に合着する。雌しべは1本で、花柱は5裂する。子房は上位で、白毛を密生する。(さくか)は宿存萼に包まれ、10月ころ茶褐色に熟すと、5片に裂開する。種子は卵形で先はとがり、狭い翼がある。山中に生え、東北地方以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。庭木として植えられ、材は床柱、器具、彫刻に用いる。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナツツバキの関連キーワード泡吹唐椿夏椿姫沙羅姫椿山紅葉雪椿麻殻一葉楓藪椿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナツツバキの関連情報