コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツツバキ

百科事典マイペディアの解説

ナツツバキ

ツバキ科の落葉高木。本州(福島以南)〜九州の山地にはえる。樹皮は平滑で褐色,古くなると剥離して独特のもようを生じる。葉は楕円形で先がとがる。6〜7月,葉腋に径5cm,白色5弁で,花弁にしわのある花を開く。
→関連項目サラノキシャラノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツツバキ
なつつばき / 夏椿
[学]Stewartia pseudo-camellia Maxim.

ツバキ科の落葉高木。シャラノキ(沙羅樹)ともいうが、サラソウジュ沙羅双樹)の名で利用されることがあり、真正のサラソウジュ(フタバガキ科)と混同されることが多い。樹皮は赤褐色で滑らかである。葉は互生して枝先につき、楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル。夏、新枝の葉腋(ようえき)に径約5センチメートルでツバキに似た白色花を1個ずつ開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。雄しべは多数あり、花糸の基部は花弁に合着する。雌しべは1本で、花柱は5裂する。子房は上位で、白毛を密生する。(さくか)は宿存萼に包まれ、10月ころ茶褐色に熟すと、5片に裂開する。種子は卵形で先はとがり、狭い翼がある。山中に生え、東北地方以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。庭木として植えられ、材は床柱、器具、彫刻に用いる。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナツツバキの関連キーワード娑羅双樹・沙羅双樹ナツツバキ(夏椿)娑羅樹・沙羅樹サルスベリ娑羅・沙羅ヒメシャラ娑羅双樹娑羅の樹ツバキ科娑羅樹娑羅木沙羅木娑羅双林双樹猿滑

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナツツバキの関連情報